区別なく

428 の用例 (0.01 秒)
  • いずれも2ドアの特急形車両で、それぞれ区別なく共通運用されている。
  • 踊り手は、北の盆と保存会の区別なく関わっている人が多く柔軟である。
  • これが大正十年頃に内外人の区別なく、一坪十円から五十円になったのだ。 宮原安春『軽井沢物語』より引用
  • 男女の区別なく21歳以上の市民のすべてに参政権が与えられている。
  • 要員は男女の区別なく活動しているが、怪人候補生は、ほぼ男性である。
  • その夢のなかには生きた人も死んだ人も区別なく出てきます。 帚木蓬生『受精』より引用
  • 日常語としての速度と速さはほとんど区別なく使われている。
  • 男女の区別なくみな友人となり、互いに尊敬しあい相軽んじない。 張競『恋の中国文明史』より引用
  • 公苑では夏冬の区別なく山から下りてきた野生のニホンザルが観察できる。
  • 他の車両と区別なく運用されているが、1・3号系統での運用が中心である。
  • 運用開始後は大正13年系とともに形式ごとの区別なく混用された。
  • 局サイトでは他の番組出演者と区別なく紹介している。
  • 鷲別機関区配置車は番台による区別なく、全機とも共通に運用される。
  • 一か月後にはこの小説は男女老若の区別なく無数のフランス人を熱狂させていた。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『悪魔の発明』より引用
  • また、同時に一般的な視覚の用語である視野と区別なく使われることもある。
  • プロの競技、アマチュアの競技の区別なく、スポーツ写真と呼ばれる。
  • 上の人間の思考回路は、どうしてこう主義主張の区別なく似通うものなのか。 福井晴敏『川の深さは』より引用
  • 男子には区別なく一人一日六本宛というのだそうである。 伊藤整『太平洋戦争日記(三)』より引用
  • 谷底とはいえ、雪も風も上と区別なく吹きつけてくる。 菊地秀行『吸血鬼ハンター17a D-白魔山 上』より引用
  • 歴史ミステリと特に区別なく使用されることがしばしばある。
  • 次へ »