区別が付きにくい

20 の用例 (0.00 秒)
  • 同様に妄想と事実の区別が付きにくい作品に『やなぎや主人』がある。
  • 花は小さめで、ミリオンベルほどであり、見た目は区別が付きにくい。
  • 全体が鏡のようになっているビルが増加したことで、ビルに写った背景が本物の空と区別が付きにくくなった。
  • ただし、実際に上陸を試みるならば、民間人と区別が付きにくいよう戦闘服などは着る事はないという。
  • メーカー側や家庭側で区別が付きやすいよう容器に工夫を施している場合もあるが、そうではない場合には区別が付きにくいこととなる。
  • このように、異年齢と異学年の区別が付きにくいため、異年齢であるために生じる効果なのか、異学年であるために生じる効果なのかは実質的に分離する意味を持たない。
  • 根が必ずしも地中にあるとは限らず、また茎も地中にある場合があるから、両者の区別が付きにくい場合もある。
  • 全ての成鳥のくちばしの根元が黄色くなるかどうかは分からないが、若い個体と区別が付きにくいので注意が必要である。
  • 小鳴門海峡および鳴門海峡に架かる橋梁の名称は、区別が付きにくい。
  • ある2色の区別が付きにくい場合、それ以外の色の変化のみに着目した配列にしてしまうため、色覚異常の種類・程度を判別することができる。
  • 「宇宙から肉眼で見える唯一の建造物」と言われ、中国の教科書にも掲載されていたが、実際には幅が細い上、周囲の色と区別が付きにくいため、視認するのはきわめて困難である。
  • 自由恋愛の金銭援助とさまざまな形態の私娼との区別が付きにくいこと、貧しさによる売春への流れを防ぐ有効な方法がないこと、明確に非合法化すると犯罪組織を引き入れやすいこと、などである。
  • 一方で、日本では小児の年齢の区切りが8歳まででは、親以外には区別が付きにくく混乱もあったため、日本版のガイドラインでは使用年齢の区切りを未就学児とした。
  • 創刊当初の表紙カバーデザインが角川スニーカー文庫と区別が付きにくく不評であったことなどを受け、創刊からわずか半年の2007年1月に刊行されたタイトルよりデザインが大幅に変更された。
  • 他のカレイ目の魚と同じように左右に扁平な体型をしていてカレイと区別が付きにくいが、俗に「左ヒラメに右カレイ」と言われるように、ヒラメの目は両目とも頭部の左側半分に偏って付いているのが大きな特徴である。
  • 基本デザインはアテンザのものを踏襲しており、パッと見は日本仕様や欧州仕様と区別が付きにくいが、リアは、ナンバープレートがテールランプ間にあるので容易に判別できる。
  • 鳴き声はクサキリよりやや大きいぐらいで、区別が付きにくいが、時折、「ジ・ジ・ジ・・・・」と言うような合いの手を入れる鳴き方をすることで区別できる。
  • また、画面上のノイズの補正にしても、発色フィルムの場合、「元の映像の一部か、ノイズか」の区別が付きにくいことが多いが、テクニカラーであれば、3本のフィルムを相互比較すれば、ノイズかどうかの判別は、比較的容易であった。
  • 役職員は、国家公務員からいわゆる「みなす」公務員となり、その点では、公社と区別が付きにくくなった。
  • しかしながら、「郵政はがき」「郵便はがき」では官制と私製との区別が付きにくいとの考えから、「官製はがき」の語は依然として官公庁を含め各所で広く使われている。