区別が不明確

7 の用例 (0.00 秒)
  • 進化的アルゴリズムの制限として、遺伝子型と表現型の区別が不明確という点が挙げられる。
  • 拒絶理由においては、未完成発明と明細書記載不備との区別が不明確であるという問題があった。
  • ところが、種数が増え、詳細に研究が進むにつれ、株ごとの変異が大きく、この両者の区別が不明確になった。
  • また、官司請負制の展開と共に特定の公家が特定の官司の長の地位に就くようになると、それらの公家の私領と所属官司の所領の区別が不明確な状況で運営が行われる場合もあった。
  • 元来の医療計画において、病院は急性期医療と高度医療を受け持っているのだが、経過観察が必要な慢性期医療の患者も多く受診し、病状による区別が不明確になっている。
  • 歴史上、法で明確化された徴税機構が機能している際には賄賂は違法とされるが、法制上の徴税機構が存在しないか機能不全に陥った際には貢租と賄賂の区別が不明確になる。
  • マイル戦での活躍が目立つ本馬だが、当時はスプリンターズステークスがGIに格付けされていないなど、マイラーとスプリンターの区別が不明確な時代だった。