区別がつきにくい

65 の用例 (0.00 秒)
  • これらの硬貨のサイズとデザインはシンプルであり、目で見て額面の文字を確認しないと区別がつきにくいといわれた。
  • 甲高かんだかい叫び声といふものは、その区別がつきにくいものだよ。 神西清『夜の鳥』より引用
  • つまり、後ろ姿だけみると姉妹の区別がつきにくい。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • 旅行会社の中には「高速バス」として販売している例も多く、正規の高速バスとの区別がつきにくくなっている場合がある。
  • 明治から大正は書家と学者と文人の区別がつきにくい時代で、この時代の第一流の書家といわれた人は学者でもあり詩人でもあった。
  • クローヴィスの建築物の多くは、1930年代以来のアメリカ合衆国の小都市と郊外に見られる一般的な様式のグループと区別がつきにくくなっている。
  • しまいには会話の相手が人間なのか人工無能なのか区別がつきにくくなり、人工無能の会話にはそれと示すマークをつけるようにされた。
  • 頭痛の分野からは、やや外れるが、神経痛とはいえ頭痛との区別がつきにくい場合がある。
  • 人種的には北東アジア人と古インド人の混血といえるが、個人差も大きく、見た目はトルコ人や漢族と区別がつきにくい者もいれば、インド人に近い者もいる。
  • 皆同じ顔をしていて区別がつきにくいが、普段は彼等が身につけているネクタイの模様で、夏服の場合はネクタイの模様と同じTシャツの柄でそれぞれを見分けることが出来る。
  • このような別ルートや他の道路との重複区間があったり、市道との区別がつきにくいなどの理由で、この道路を全線走破するのは難度が高い。
  • 他のヒバリと同様に、主に褐色で下部は色が薄く、地面と区別がつきにくいような擬態をしている。
  • 雌雄はよく似通っており、遠目からでは区別がつきにくい。
  • が、こうした結婚法は、どこまでが実生活のおもかげで、どこからが神話化せられているのか、区別がつきにくい。 折口信夫『最古日本の女性生活の根柢』より引用
  • また重篤度が伝わらない・慢性疲労と区別がつきにくいということから、CFIDSという呼称をアメリカ患者団体が利用してもいる。
  • しかし、そうした実例を間近に見ると、世間で言われるほど一卵性双生児は区別がつきにくいものではないな、とわかります。 吉村達也『ふたご』より引用
  • 胆嚢腺筋症を発症した場合は胆嚢癌との区別がつきにくいため手術で胆嚢を摘出することが多い。
  • が、かうした結婚法は、どこまでが実生活の俤で、どこからが神話化せられて居るのか、区別がつきにくい。 折口信夫『最古日本の女性生活の根柢』より引用
  • しかし実際には予混合火炎と拡散火炎とは区別がつきにくい。
  • 生霊というのは死霊と区別がつきにくい。 荒俣宏『帝都物語3』より引用
  • 次へ »