区別がつきにくい

65 の用例 (0.00 秒)
  • 自分で見ても他の人の字と区別がつきにくいと思ったことさえある。 阿川佐和子『笑ってケツカッチン』より引用
  • すでに彼女の声は、自分の内なる問いかけと区別がつきにくくなっている。 吉野匠『レイン外伝 仄暗き廃坑の底で』より引用
  • 動きを設定するボタンのパターンの区別がつきにくいなど、欠点が多い。
  • 外部の方から見ると前記の流通経済科、情報技術科との区別がつきにくい。
  • 蓋の外側には土やコケが付き、巣穴と周囲の区別がつきにくくなっている。
  • 駅跡は周辺の線路跡と区別がつきにくく、運行当時の様子を知らなければ場所の特定は難しい。
  • 卵とヒナはまだらもようで石ころと区別がつきにくくなっている。
  • 実際にはその大きさは様々なことから両者の区別がつきにくい場合もあり、日常用語としては明確な区別をせず用いる場合もある。
  • ここからだと牧草地も田畑もともに緑色で区別がつきにくい。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • 現在では、型染め友禅と区別がつきにくい作品もしばしば見られる。
  • 原理的にアニメファンとの区別がつきにくいうえ、ロリコンとの境界もはっきりしない。
  • 特に幼い子供は現実と空想の区別がつきにくい。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • なにぶん森の奥というのは、昼夜の区別がつきにくい環境です。 田中ロミオ『人類は衰退しました 02』より引用
  • しかし見た目では区別がつきにくいことからどちらも「翡翠」とよんでいる。
  • これでも一生の間に同じ周期が何度も繰り返されて、区別がつきにくい難点は残ることになる。 岡田英弘『世界史の誕生 ―モンゴルの発展と伝統』より引用
  • また、日本語に訳して考えた場合に前置詞や関係詞との区別がつきにくいケースもある。
  • 所持していても普通のキーと区別がつきにくいので取締も困難になり、犯罪に悪用される可能性が高い。
  • しかし、この場合探検と区別がつきにくいので、冒険の定義はやや曖昧となってしまう。
  • 顔の区別がつきにくい。 胡桃沢耕史『旅券のない旅』より引用
  • 蝉の声と死霊の声もなかなかに区別がつきにくい。 岩井志麻子『岡山女』より引用
  • 次へ »