北野

全て 名詞
4,249 の用例 (0.01 秒)
  • ああいう奇妙なことを言い出すようになったのは北野先生がきてからだ。 角田光代『空中庭園』より引用
  • 中澤から北野の自宅に電話がかかったのは七月二十二日の夜十時過ぎだ。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(下)』より引用
  • 横井繁子が顔を直して席に戻ってきたのは、北野より十分以上もあとだ。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(下)』より引用
  • 小田原駅のホームで上り電車を待っている間に北野は自宅に電話をかけた。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(下)』より引用
  • 中山が上がっていることはスタッフ席の北野にも痛いほどよくわかった。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(下)』より引用
  • 北野が眠りにつけなかった理由は、強制捜査のことだけではなかった。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(上)』より引用
  • 矢狗村から文也の車に乗って北野町に着いたのは、六時半を過ぎていた。 板東眞砂子『死国』より引用
  • すると、その神社は北野神社に合祀されて、いまはないというのだった。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 03』より引用
  • 北野容一郎も実にその頃の自由社の青年達の間では有力な一人であったのだ。 島田清次郎『地上』より引用
  • そのころ北野が羽代での基地にしている旅館に一人の訪問者が来た。 森村誠一『野性の証明』より引用
  • 北野が電話を腰に戻して、テレビの前に戻ったとき、石井の顔がのぞいた。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(上)』より引用
  • 北野も出たり入ったりしていたので、森田と顔を合わせていなかった。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(上)』より引用
  • 黙っているほうが菅野のためかもしれない、と北野は思わぬでもなかった。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(上)』より引用
  • こうしている間も味沢は北野の手の及ぶ範囲の外へ遠ざかりつつある。 森村誠一『野性の証明』より引用
  • 西田たちが小会議室から退出したのを見届けてから、北野は電話に出た。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(上)』より引用
  • 北野家に遺伝される善い素質が彼を彼の父が残した事業へ向かわしめた。 島田清次郎『地上』より引用
  • 加藤は笑顔を消さなかったが、むろん北野の目に入ってはいなかった。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(下)』より引用
  • 闇の神社というものがあると教えてくれたのは北野先生だった。 角田光代『空中庭園』より引用
  • 成明をリンチにでもすれば、もはや北野らの出る幕はなくなってしまう。 森村誠一『野性の証明』より引用
  • 北野 すると、今日見えるといふのは、その当時の部隊長さんですな。 岸田国士『かへらじと』より引用
  • 次へ »