北西

全て 名詞
14,633 の用例 (0.02 秒)
  • 線路はほぼ北西から南東に走り、駅舎は線路の南西側に設けられている。
  • 風が四分の三、向きを変え、北西から吹きつけてくるようになったのだ。 ヴェルヌ/木村庄三郎訳『80日間世界一周』より引用
  • 私が、目標として選んだのは黒磯くろいそ駅から北西約二〇キロにある山でした。 西村京太郎『一千万人誘拐計画』より引用
  • このうち北西側の緑色の部分は北に隣接するセルビアの領土となった。
  • この海域は北西太平洋海盆に含まれ、島の周囲は深い海に囲まれている。
  • 支援隊は十一日日没時ガダルカナルの北西二〇〇浬の地点に達していた。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • 町の境界線を北西を上にして見ると羊のように見えるとされている。
  • 一般的に、収入は多くの都市部で高く、州の北西部で特に低くなっている。
  • 流れの方向は、長い間北に向かっていたが、北西に変わり始めていた。 ヴェルヌ/土井寛之・荒川浩充訳『少年船長の冒険』より引用
  • 彼は魔法の風は使わず、北西から吹きつける天然の風を利用していた。 グィン『ゲド戦記1 影との戦い』より引用
  • でも、ここにくる前は、あの町のずっと北西の地区に住んでいました。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書4』より引用
  • 近年では北西部や西部の都市開発も進み、新興住宅街が成立している。
  • この辺りではこの数日の間北西風が吹き続いていたに相違ない。 ヘディン/岩村忍訳『中央アジア探検記』より引用
  • はるか北西の山中に、烏帽子岳えぼしだけという山があることを知ったからである。 半村良『産霊山秘録 上の巻』より引用
  • と大鳥は地図の上で、ちょうど小山から北西二里半の地点を指で突いた。 司馬遼太郎『燃えよ剣 02 (下)』より引用
  • 研究室はこの階の実験手術室の北西の角から廊下を距てた向いになっています。 クイーン/二宮佳景訳『オランダ靴の秘密』より引用
  • 北西を向いている湾に対して北から、太平洋のうねりが押し寄せて来る。 片岡義男『波乗りの島』より引用
  • 紀元前2000年頃にアーリア人がイランからインド北西部に侵入した。
  • 大隋帝国の北西五十二郡を統治させ、北方国境を防衛させていたのだ。 田中芳樹『匹夫の勇』より引用
  • 州内の郡の大半は主に北西ヨーロッパの出身者が住んでいる。
  • 次へ »

北西 で始まる単語