北海道手宮

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • 大正十四年十一月のる晴れわたった朝、北海道手宮てみや駅で貨物掛をしている室伏雄一郎は、真新しい紺のラシャ服に身をかため、父と母の二つの骨壺こつつぼの入った旅行かばんをさげて函館はこだて本線の乗客となった。 ...
  • 考古学者の鳥居龍蔵は1913年10月の『歴史地理』第22巻第4号に「北海道手宮の彫刻文字に就て」を投稿している。 ...