北林千恵

14 の用例 (0.00 秒)
  • 現実に、沼倉加代子と北林千恵は、黒い髪で殺されていたからである。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • この男は、殺された北林千恵を、全く愛していなかったようだ。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • ホテル・ニューオータニを、北林千恵きたばやしちえが、やや上気した顔で出て来た。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • 北林千恵のことで、夫の北林に会った佐藤と柴田の両刑事も、期待した答は得られなかった。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • 沼倉加代子と北林千恵の二人が、かつらを使うことがあるのを知っていたし、他の二人についても、狙って殺したとしか考えられない。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • 北林千恵さんと交際中、彼女が、だれかにねらわれているとか、自分を付けまわす妙な男がいるとか、そんな話をしたことはありませんか? 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • 第一、黒木が犯人だったら、もし北林千恵が、自分と会うとき、茶色のかつらをつけて来たなどと証言はしないだろう。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • 北林千恵は、ヒマと金を持て余していたんだよ。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • 昼頃ひるごろには、被害者の北林千恵を、ホテル・ニューオータニから、田園調布まで乗せたタクシーの運転手が見つかった。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • ホテル・ニューオータニで、十津川が会ったとき、黒木は、すでにニュースで北林千恵の殺されたことを知っていて、あおざめたほおで、十津川を迎えた。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • 北林千恵は、名古屋なごやの資産家の次女として生れ、短大を卒業後、二年間フランスに遊び、帰国後、宝石商の北林と結婚している。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • しかし、犯人は、何故なぜ、沼倉加代子が、ブロンドのかつらを持ち、北林千恵が変装用に茶色のかつらを使っていたのを知っていたんでしょうか? 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • 北林千恵の遺体は、解剖かいぼうのためにすでに運び去られ、その後のコンクリートの歩道には、白いチョークで、人型が描いてある。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • 黒木の話によると、北林千恵と二人で出歩くとき、彼女は、茶色のかつらをかぶり、サングラスをかけて変装していたそうです。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用