北東

全て 名詞
13,888 の用例 (0.03 秒)
  • ジャックがいたところは、岸から北東になんマイルも離れたあたりだった。 ヴェルヌ/金子博訳『二年間の休暇(15少年漂流記)』より引用
  • 万勝院は白旗城の鬼門に当たる北東の小高い丘の上にある名刹めいさつであった。 新田次郎『新田義貞(下)』より引用
  • 駅舎は線路北東側にあり、駅舎からホームへは跨線橋で連絡している。
  • だって水平線上の方向ははっきり[北東微北]と指示してあるんだもの。 ポー/安引宏・佐々木直次郎訳『黒猫・黄金虫』より引用
  • 過去百数十年、この地方へ、暗くて寒い北東部から大勢人が移り住んだ。 阿川尚之『アメリカが嫌いですか』より引用
  • 最後の合併は1972年と1977年に市の北東部について行われた。
  • 私は同湖の北東部の岸に近い沼の水が、かすかに塩気のあることを認めた。 ヘディン/岩村忍訳『さまよえる湖』より引用
  • 函南町の北東のはずれに位置し、函南町の中心部から離れた場所にある。
  • 寿夢宮は、都より見て北東に十里ほどはなれた郊外に位置している。 井上祐美子『五王戦国志1 乱火篇』より引用
  • WXTUは北東部内で多く聞かれているカントリー音楽放送局である。
  • 北東に進むにつれて、武装した集団に出会うことが多くなりはじめた。 エディングス『エレニア記6 神々の約束』より引用
  • 二十七日午後十一時、早淵支隊司令部は長沙北東角から入城を果たした。 角田房子『一死、大罪を謝す』より引用
  • ニュージーランドの北東約千七百五十キロの地点に首島トンガタプがある。 石毛直道『食生活を探検する』より引用
  • 廃墟の北東で宗介たちの戦闘が起きていることを、奴ももちろん知っている。 賀東招二『フルメタル・パニック!10 せまるニック・オブ・タイム』より引用
  • イリヤはいわれたとおりに速度をおとすと、北東の方向に向って町を出た。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『12 消えた怪飛行船』より引用
  • そして風が北北東に彼らを運んで行くのを知って満足した。 ヴェルヌ/江口清訳『気球旅行の五週間』より引用
  • 私はちょうど正面にブレフスキュ島が見える北東海岸に行きました。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • 特に現場を目撃できるとしたら、北東の角にある部屋にかぎられそうだった。 東野圭吾『探偵ガリレオ』より引用
  • また州間高速道路の短い区間が州北西隅を掠めて北東から南西方向に走っている。
  • 線路はほぼ北西から南東に走り、ホームは北東に設けられている。
  • 次へ »