北東航空隊北千島

9 の用例 (0.00 秒)
  • 我が飛行第五四戦隊と北東航空隊北千島派遣隊は、戦力としては八機しかない。 池上司『八月十五日の開戦』より引用
  • それが飛行第五四戦隊と北東航空隊北千島派遣隊の全機であり、千島の空を守る戦力のすべてである。 池上司『八月十五日の開戦』より引用
  • 指揮所の井崗陸軍大佐の前には、海軍北東航空隊北千島派遣隊の六名の搭乗員が整列していた。 池上司『八月十五日の開戦』より引用
  • あまりに騒然となったため、飛行第五四戦隊長と北東航空隊北千島派遣隊長も指揮所の中から出て来た。 池上司『八月十五日の開戦』より引用
  • 片岡基地は当初より陸海軍が共同使用し、北東航空隊北千島派遣隊と飛行第五四戦隊は、共に第九一師団指揮下にあった。 池上司『八月十五日の開戦』より引用
  • 海軍北東航空隊北千島分遣隊の整備長、森山上等兵曹が苛立いらだちながら尋ねた。 池上司『八月十五日の開戦』より引用
  • 我が飛行第五四戦隊と、北東航空隊北千島派遣隊は、この敵作戦に備えて機体の整備と休養に努めよとの命令である。 池上司『八月十五日の開戦』より引用
  • と、欠伸あくびの果てに指揮所前で声をかけたのは、海軍北東航空隊北千島派遣隊の、吉井基行もとゆき少尉だった。 池上司『八月十五日の開戦』より引用
  • したがって、陸軍飛行第五四戦隊と海軍北東航空隊北千島分遣隊は、発進を見合わせる。 池上司『八月十五日の開戦』より引用