北東多国籍

5 の用例 (0.00 秒)
  • 他にもアメリカ合衆国陸軍第5軍団、欧州連合軍緊急展開軍団および北東多国籍軍団があった。
  • 北東多国籍軍団についてはユトランド・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン連合陸上部隊司令部を母体にポーランド軍を編入して編成された。
  • 北東多国籍軍団司令部はポーランドのシュチェチンに置かれ、NATO緊急展開軍団の第三階層勢力として、格下げされたギリシャ緊急展開軍団と同格となる。
  • 第6偵察大隊は第41装甲擲弾兵旅団の装甲偵察中隊に縮小改編され、第801通信大隊は第41装甲擲弾兵旅団に、第610通信大隊は当初案では北東多国籍軍団へ、最終的には陸軍指揮司令部の直轄になる。
  • メクレンブルク=フォアポンメルン州ノイブランデンブルクに師団司令部を置き、師団の部隊は主にメクレンブルク=フォアポンメルン州およびシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州、さらに北東多国籍軍団の一員としてポーランドのシュチェチンにも駐屯していた。