北斗

全て 名詞
1,111 の用例 (0.01 秒)
  • 俳優の北斗学は若い頃の恋人との間に生まれた実子だが弟と称していた。
  • ボスは北斗の拳に登場した人物をモチーフにしたと思われるものが多い。
  • 雲の間になった北斗の七星に白気はっきのようなものがうねうねとかかっていた。 田中貢太郎『赤い土の壺』より引用
  • 本項では「北斗賞」の名称で施行した1993年以降のものを記載する。
  • ともかくマグナム北斗も彼女の頭のよさだけは認めているようである。 牧場由美『オナニー交遊録』より引用
  • まことは北斗の主星北辰で、他の星は動いてもこの星だけは動かない。 子母沢寛『父子鷹 上巻』より引用
  • 中国の皇帝や日本の天皇家の北斗信仰にもこの同一視が見られる。
  • 北斗シネマをそこまで成長させた陰には、少女・花王莉の存在があった。
  • 札幌北斗高等学校は、北海道札幌市東区にある私立の高等学校である。
  • 台湾中部に位置した北斗県は日本統治時代の北斗郡を改編したものである。
  • さらに北斗旗選手権には日本拳法や修斗等の他の団体からの挑戦者も多い。
  • ダイエー上磯店は北海道北斗市七重浜四丁目にある大型商業施設である。
  • 吹き替えのほとんどはアニメ版『北斗の拳』に出演している声優である。
  • 豆の木高校と同じ宿舎に泊まっている北斗高校と決勝戦を戦うことになる。
  • 北斗は死をつかさどるとされ、白い服を着た醜い老人の姿で描かれる。
  • 理想の男性はケンシロウというほど『北斗の拳』の熱狂的ファンである。
  • 健介と北斗は戸籍上も夫婦であるが、中嶋は弟子であって実子ではない。
  • 二二時二六分に、十津川たちの乗った「北斗7号」は、苫小牧に着いた。 西村京太郎『札幌着23時25分』より引用
  • また『北斗の拳』の原作者である武論尊の名はブロンソンに由来している。
  • 北斗測位システムの名称は中国で北斗として知られるおお熊座に由来する。
  • 次へ »

北斗 で始まる単語