北山清太郎

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 国産アニメ映画の創始者の1人である北山清太郎が手がけたアニメ映画。 ...
  • 北山清太郎といへば、画壇に御存知の方も少くないことでせう。 ...
  • また、独自にアニメーションの製作を目指していた洋画家の北山清太郎は日活向島撮影所に1917年1月に参加し、アニメ製作を開始する。 ...
  • 日本初のアニメーション作家のひとりである北山清太郎の助手からキャリアを始め、アニメーション映画の撮影・作画、独立後はドキュメンタリー映画の製作も行ったことで知られる。 ...
  • 金井は、日本で最初にアニメーション映画をつくった人物の一人である北山清太郎の助手からスタートし、1921年に設立されたの創立メンバーとして、初期アニメーションの撮影を手がけ、戦時中の1940年代前半には、都商会文化映画部の代表として、ドキュメンタリー映画の製作・演出を手がけていた人物である。 ...
  • 同時期、小林商会で幸内純一が、日活で北山清太郎が独自にアニメーション制作を開始。 ...
  • thumb|桃太郎 海の神兵 日本では大正期にかけて外国から輸入されたアニメーション映画の人気を受けて、天活で下川凹天が、小林商会で幸内純一が、日活で北山清太郎が独自にアニメーション制作を開始。
  • ぼくはフューザン会の間は家で学資を出して貰ふまゝ、「いろは」にゐましたが、その頃日増しに家運の傾くのを見て、お袋に負担をかけることが耐え難くなり、丁度そこへ芸術雑誌の「現代の洋画」が創刊されたのを見て、主管の北山清太郎に手紙を出して、社員に使つてくれと申入れました。 ...
  • 下川凹天、北山清太郎、幸内純一らの作品は1917年に、日本で最初のアニメーション映画として劇場公開された。 ...
  • また同年、前年1916年に東京パック社から引き抜いた漫画家幸内純一にアニメーション映画をつくらせたが、これは1915年に日活向島撮影所が洋画家北山清太郎を採用しアニメの研究を初め、天活もこれにならい下川凹夫を採用したことで競争が始まった。 ...
  • その後、長らくフィルムが現存しないといわれていたが、2007年夏に映像文化史家の松本夏樹が大阪の骨董市で北山清太郎の『浦島太郎』のフィルムと共に売られているのを発見、玩具用の映写機ごと買い取った。 ...
  • 併映作品は、北山清太郎の1巻ものの短篇アニメーション映画『金太郎』であった。 ...
  • いわゆる「活動写真」などの後のアニメーション産業とのつながりが明らかでない玩具映画・巡回興行向けアニメーションフィルムを除くと、下川凹天、北山清太郎、幸内純一らが制作し1917年に公開された一連のアニメーション作品が日本のアニメーション映画の起点と位置づけられている。 ...
  • 数え年16歳になる1916年ころ、旧制・明治薬学専門学校に入学すると同時に、北山清太郎の書生となり、東京府東京市麹町区麹町平河町にあった北山の自宅兼アトリエに住み込む。 ...
  • 天然色活動写真株式会社が1916年に北澤楽天の弟子・下川凹天を、日活向島撮影所が1917年1月に洋画家の北山清太郎を、同年、小林商会が下川凹天とおなじく楽天の弟子・幸内純一を雇い入れ、それぞれアニメーション映画の研究を開始、「日本初」を賭けた競争となった。