北太平洋高気圧

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 日本の夏の気候に大きく影響する北太平洋高気圧もそのひとつである。 ...
  • 日本において単に「太平洋高気圧」と言う場合北太平洋高気圧を指す。 ...
  • 夏季の北太平洋では北太平洋高気圧が発生し、日本にまで伸びてきたその西縁部は小笠原高気圧と呼ばれる。 ...
  • そのため、台風は北太平洋高気圧の縁を通らざるを得ない。 ...
  • たとえば、夏の主役である北太平洋高気圧の中には、どんなに勢力の強い台風であっても、割って入ることは不可能である。 ...
  • 北太平洋高気圧の端に沿って朝鮮半島に大量の水蒸気を供給しているためであり、強い停滞前線が同半島に停滞する状況で、台風がもたらす水蒸気がさらに降雨量を増加させた。 ...
  • また、1950年には北太平洋高気圧の軸が非常に北に偏ったため、台風の発生海域も平年より緯度にして10度くらい北偏したが、そこでできた多くの台風が小規模・未成熟なままで日本に接近・上陸し、結果として豆台風の多発が見られた。
  • 北太平洋に存在する北太平洋高気圧と、南太平洋に存在する南太平洋高気圧の2つがある。 ...
  • 平均気圧の値だけを見れば、北太平洋高気圧の1025-1030hPa程度よりも高いが、気圧の高さだけで高気圧同士の優劣が決まるわけではないので注意を要する。 ...
  • 冬季は南下した北太平洋高気圧と北米大陸上の高気圧に挟まれた低圧部に位置するため、降水量が比較的多くなる。 ...
  • 本州の梅雨明け時期には、北上してきた梅雨前線により豪雨となることがあるが、7月から8月にかけて北太平洋高気圧が発達して夏型の気圧配置となる。
  • 北太平洋高気圧の中心はハワイ諸島近辺、北東太平洋上にあり、東西に張り出して、東側ではアメリカ合衆国西海岸に年間を通じて温暖で乾燥した気候をもたらし、夏の日本の天気を支配する。 ...
  • 小笠原諸島は亜熱帯高気圧である北太平洋高気圧の西北部に位置する、小笠原高気圧の中心に近い位置にあるため、沖縄諸島と比べると降水量が比較的少なく乾燥した気候となっている。 ...
  • カリフォルニア内陸の渓谷地帯で、暖められた空気が上昇して気圧が低くなるため、北太平洋高気圧からの風がゴールデン・ゲート海峡を通って内陸に向かい流れ込む。 ...
  • 北太平洋海域の北太平洋高気圧は、夏季に最盛期を迎え、小笠原諸島方面から日本付近に張り出す。 ...