北原

全て 名詞
2,411 の用例 (0.02 秒)
  • 北原は最初から、陽子と一緒に乗って行くつもりだったのかもしれない。 三浦綾子『続・氷点』より引用
  • そして、それはもう陽子が既に決定しているように、北原には思われた。 三浦綾子『続・氷点』より引用
  • 達哉が車の中に入り、陽子が助手席に乗るのを、北原は上から見ていた。 三浦綾子『続・氷点』より引用
  • しかし、北原の当初の目的である示威行動としての効果は充分であった。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 天皇の即位式で減刑となった北原は昭和三年十二月十一日に釈放された。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • すべてを知ったならば、北原は陽子からはなれていくだろうと思った。 三浦綾子『氷点』より引用
  • 今までもらった七通の北原の手紙を読み返しもせずに捨ててしまった。 三浦綾子『氷点』より引用
  • 北原はこの時、修道女になることを考えていたことを自書に書いている。
  • 一時的に詩から離れていた北原はこれによって再び詩作に戻っている。 宮原安春『軽井沢物語』より引用
  • 「天使」には文学が運命になっている作家北原氏を感じさせないからだ。 織田作之助『文学的饒舌』より引用
  • この際、いっそのこと北原に打ちあけておいたほうがいいのではないか。 三浦綾子『続・氷点』より引用
  • だがその後、北原は陽子を看護し、四日間わが家に共にいたはずである。 三浦綾子『続・氷点』より引用
  • 生みの母を知らぬ陽子には、母のない北原が急に近い存在に思われた。 三浦綾子『氷点』より引用
  • 達哉は不満気に陽子の顔を見ていたが、ふいに北原に向かって尋ねた。 三浦綾子『続・氷点』より引用
  • その話を数時間後に聞いた北原は、自分も夕暮れの街に飛び出していった。
  • それが一巡して北原の手元に戻ってきたときには、みんなで拍手をした。 乾くるみ『イニシエーション・ラブ』より引用
  • 陽子は北原よりも自分を、縁の深い者と思ってくれてるのだろうか。 三浦綾子『続・氷点』より引用
  • 饒舌にならずにはいられない北原の気持ちが、痛々しくてならなかった。 三浦綾子『続・氷点』より引用
  • 陽子の友人のところにでも、北原の手紙がきているように思われた。 三浦綾子『氷点』より引用
  • 北原さえ遠ざかれば、陽子は必ず自分を慕ってくれるように思っていた。 三浦綾子『氷点』より引用
  • 次へ »

北原 で始まる単語