化因子

54 の用例 (0.00 秒)
  • またこの分子はピルビン酸キナーゼのアロステリック活性化因子である。
  • また、本作のデスティニープランはセントラルを始めとした侵略者に対抗するためにSEEDやゼントラ化因子等を持つ者を発見し防衛力を強化する、などその内容に具体性と整合性が持たされていた。
  • この領域はコアドメイン1と2で活性化因子を挟み込むためのくぼみを作る。
  • ひとつは初期化因子の導入に伴う遺伝子異常、もう一つは分化しきれないままに、万能性を残した細胞の残存による奇形腫の形成である。
  • これは活性化因子の役割を維持するためで、もし強いプロモーターがあるなら十分なグルコース存在下でも無意味な転写を引き起こすだろう。
  • IL-1はもともと内因性発熱物質やリンパ球活性化因子などとして発見された。
  • 他にはUTPには、ATPのように代謝反応の基質となることでエネルギー源や活性化因子となるの役割があるが、ATPの場合より特異性が高い。
  • ヒトの組織プラスミノーゲン活性化因子を組み替えた構造である。
  • 他にも、顆粒球コロニー刺激因子や組織プラスミノーゲン活性化因子などの生産も、同様の方法で行われている。
  • 肥満細胞の顆粒はヒスタミン、ヘパリン、血小板活性化因子などを含む。
  • また、細菌自身の産出物質や細菌と抗体との反応で活性化した補体成分も好中球を遊走させる走化因子として働いている。
  • 放射線は腫瘍抑制遺伝子の不活性化因子として有効に働き、発ガンの後期で進行因子の役割を果たすとする説がある。
  • タウがどのように神経毒性に寄与しているのかについて、微小管安定化因子であるタウがなくなることで細胞骨格の変性につながるのが原因ではないかとする仮説が提唱されている。
  • 特に尿中のプラスミノーゲン活性化因子であるウロキナーゼは血栓溶解剤として製品化されている。
  • 変数の分離を行い、状態に依らない定数が確率の規格化因子となる分配関数Z であることを考慮すれば、次の関係式を得る。
  • 規格化因子を求めると、解は下記のようになる。
  • 原法では転写活性化因子であるGAL4タンパク質のDNA結合ドメインとアクティベータドメインが分離可能であることを利用している。
  • エンハンサーは、遺伝子活性化因子と結合することで遺伝子の転写量を大幅に増大させることから、エンハンサーと命名された。
  • アルキルグリセロール類には、血小板活性化因子の生産を促進させ、白血球、血小板を増加させる作用があることがわかっている。
  • シトクロムcは、細胞質に放たれるとアポトーシスプロテアーゼ活性化因子に結合する。
  • 次へ »