包括関係

20 の用例 (0.00 秒)
  • 単立宗教法人であるために、神社本庁との包括関係には属していない。
  • 靖国神社は単立神社として神社本庁との包括関係に属していない。
  • 長生寺を除いて法人と包括関係にある寺院はない。
  • それに対し李珥は四端や七情がいずれも、気が発して理がそれに乗るという一つの形式であるという包括関係を説いた。
  • 真宗大谷派からの独立・包括関係の解消は、お東騒動を発端とする。
  • 同51年7月に神社本庁指定の別表神社となったが、平成10年に神社本庁との包括関係を解消している。
  • 旧官国幣社で、1948年以降に本庁被包括となったものについては、被包括関係を設定した年を記載している。
  • しかし、2010年8月23日、再び神社本庁は明治神宮の被包括関係を設定した。
  • 明治神宮は第二次世界大戦後、宗教法人神社本庁の被包括宗教法人となり別表神社に指定されていたが、2004年に神社本庁との包括関係を解消し、単立神社となった。
  • 旧官国幣社のうち、以下に掲げる各社は神社本庁と被包括関係にないため、別表神社ではない。
  • 同派は本山として浄興寺を仰ぐが、一般的な他宗他派と異なり本山と所属寺院の間に法人の包括関係はない。
  • また天台宗・浄土宗・日蓮宗のように宗派名が宗旨名と同一の場合でも、他派を従属するものではなく、本末・包括関係もない。
  • 平成17年11月28日づけで神社本庁との包括関係を解消し単立神社となる決定を行い、同時に「財産の管理および処分に関する役員会の決議事項は神社本庁に報告する」と定めた神社規則変更を決議した。
  • 「被包括関係解消年」が1946年となっているものは、1946年の神社本庁発足当初から神社本庁との被包括関係にないものである。
  • 行政整理実施ノ為ニスル内務省官制中改正等ノ件により、1946年2月2日に神祇院は廃止され、神社の管轄は被包括関係にない旧官国幣社の一部を除き殆どは翌日設立された宗教法人神社本庁に引き継がれた。
  • 包括関係にある末寺数は10497寺を数える。
  • 天理教豊文分教会が宗教法人格を取得してから約50年にわたり「天理教豊文分教会」の名称で宗教活動を行っており、また宗教法人天理教の包括関係解消後も、その信奉する教義は「天理教」でほかならないことなどを理由に宗教法人天理教の訴えを退けた。
  • 離脱とは、神慈秀明会の前身である「宗教法人 世界救世教秀明教会」が、「宗教法人 世界救世教」との被包括関係を、1970年に解除し、独立したことを指す。
  • 宗教法人天理教の包括関係が解消されているにも関わらず、天理教豊文分教会が「天理教」という名称を使用することは、不正競争防止法における不正競争に該当し、名称権を侵害するものであるとして、宗教法人天理教が「天理教」の名称使用の差止め及び名称の登記の抹消登記手続を求める民事訴訟を起こした。
  • さらに、宗派と本山は不離一体のものであるという「宗本一体」の理念を掲げ、1987年12月14日、それまで、宗教法人「真宗大谷派」と包括関係にあった宗教法人「本願寺」を閉鎖登記し、宗教法人「真宗大谷派」に吸収合併させた。

包括関係 の使われ方