包括的核実験禁止

33 の用例 (0.00 秒)
  • 地下核実験も包括的核実験禁止条約以前の1992年まで行われていた。
  • 核実験は包括的核実験禁止条約に中国が署名した1996年まで続けられた。
  • 同研究所が根拠にした地震規模は包括的核実験禁止条約の規定に従い設けられた核実験監視施設で観測されたものであるという。
  • 近くのブルパスに包括的核実験禁止条約の地震観測所がある。
  • なお1996年には国連総会で包括的核実験禁止条約が採択された。
  • 地下核実験も禁止対象とする包括的核実験禁止条約が提案され、1996年より署名が開始された。
  • 包括的核実験禁止条約に基づく地下核実験の探知も行っており、ここの地震計で観測されているデータはオンラインでウィーンにあるデータセンターに伝送されている。
  • アメリカは、1992年9月23日に包括的核実験禁止条約に署名するまでに多くの核実験を行なった。
  • 現在、核兵器全般に、包括的核実験禁止条約、核不拡散条約などで規制されている。
  • アメリカ合衆国政府は1996年9月に包括的核実験禁止条約に署名したが、議会上院は軍事的な選択が制限されると認識し、軍事的な選択の多様性を保持する考えで未批准である。
  • しかしながら、2011年初頭の時点で、米国は包括的核実験禁止条約を批准するに至っていない。
  • 核実験の制限には、1963年の部分的核実験禁止条約があるが、地下核実験を含め禁止する1996年の包括的核実験禁止条約は、2010年現在でも発効していない。
  • 日本は包括的核実験禁止条約に1996年9月に署名、1997年7月に批准している。
  • 同年6月に軍縮委員会で、フランスの核実験を非難、包括的核実験禁止問題が進展しないことに遺憾の意を表するとともに、段階的核実験禁止提案についての説明の演説をした。
  • 核拡散防止条約、包括的核実験禁止条約に未締約国のインドは、1974年と1998年に核実験を行った。
  • 包括的核実験禁止条約は、宇宙空間、大気圏内、水中、地下を含むあらゆる空間での核兵器の核実験による爆発、その他の核爆発を禁止する条約である。
  • 純粋水爆のさまざまな利点にかかわらず、現在利用可能な技術では製造の見通しが立たず、また多くの者が純粋水爆の研究開発は核拡散防止条約や包括的核実験禁止条約の意図を覆すものであるという懸念を表明している。
  • 実験後、国際連合、国際原子力機関が非難声明を出したが、そもそもインドもパキスタンも核不拡散条約、包括的核実験禁止条約に署名しておらず、国際的な核実験禁止制限が課せられていない状態であった。
  • 現在は部分核実験停止条約及び包括的核実験禁止条約を「部分核停条約は地下核実験、CTBTは未臨界核実験が禁止されておらず、核廃絶に十分な効果が得られない」と批判的であり、NPT体制についても「大国による核独占・軍事支配を強化する」と批判的ではある。
  • ASC計画は、1992年にジョージ・ブッシュ大統領により試験的に開始され、1993年にビル・クリントン大統領によって拡張された、包括的核実験禁止条約に沿って実際の核実験を置き換えるシミュレータの構築である。
  • 次へ »