包括宗教

30 の用例 (0.00 秒)
  • 被包括宗教法人が包括宗教法人から独立して単立宗教法人となることもできる。
  • 現在は神社本庁などの包括宗教法人に属さない単立神社となっている。
  • 通常はその包括宗教団体の代表役員がその役職につく場合が多い。
  • 神祇院の後継的存在だが、現在では宗教法人法にもとづく包括宗教法人の一つとされる。
  • 単立宗教団体とは、いかなる包括宗教団体の傘下にも属さない単位宗教団体のことである。
  • 宗教法人には単位宗教法人と包括宗教法人があり、単位宗教法人は被包括宗教法人と単立宗教法人に分類される。
  • 神社本教の被包括宗教法人は京都市内の神社に限られず、府内や奈良県や三重県にも数社存在する。
  • 包括宗教法人は単位宗教法人あるいは非法人の単位宗教団体を包括する宗教法人であり、宗教法人法第2条の第2号に該当する。
  • 神社本庁は単立宗教法人となった一部の神社や、ほかの神社神道系包括団体に所属する神社を除く、約8万の神社から組織される包括宗教法人である。
  • 人事を巡る争いから包括宗教法人を離脱し、単立となる例が多い。
  • 神社本教は神道系の包括宗教法人で、本部を京都府京都市東山区の若宮八幡宮社内に置く。
  • 神社本庁などの包括宗教法人に属さない単立神社である。
  • 包括宗教法人名も同名で、東京都文京区大塚に本部を置く。
  • また、単位宗教法人のうち、包括宗教法人もしくは非法人の包括宗教団体の傘下にあるものを被包括宗教法人といい、そうではないものを単立宗教法人という。
  • 但し、加盟教会によって構成される総会において、意思決定がなされる包括宗教法人という側面も併せ持つ。
  • 戦後は神社本庁の被包括宗教法人となり別表神社に指定されていたが、後述のように平成22年に神社本庁に属さない単立神社となった。
  • 中郡甲斐神社という神社名は戦後、神社本庁の被包括宗教法人として昭和28年に宗教法人成立の際に当時の代表役員によってつけられた宗教法人上の神社名であり、正式な神社名は甲斐神社である。
  • 真宗大谷派は、浄土真宗の宗派の1つで、宗教法人法による包括宗教法人である。
  • 例えば、仏教では宗派が包括宗教法人に、本山や末寺が被包括宗教法人にあたる。
  • 金刀比羅本教は神社本庁に属さない独立した包括宗教法人であるが、金刀比羅宮自体は神社本庁の被包括法人であり、別表神社に指定されている。
  • 次へ »

包括宗教 の使われ方