匂いが漂う

76 の例文 (0.00 秒)
  • おばさんのまわりには暗い部屋にいてもわかる独特の匂いが漂っている。 ...
  • しかしその身体からは、すでに生命の終わりを告げる匂いが漂っていた。 ...
  • 秀麗たちが次に向かったのは、あちこちから良いにおいがただよう通りだった。
  • この、徐々に人の生活の匂いがただよい始める風景の変化はいつ見ても面白おもしろい。 ...
  • あの奇妙な匂いが漂うアパートで、今夜もあの男と過ごしているのだろうか。 ...
  • 周囲五里に牛肉の匂いが漂って近在のものは鼻をつまんで通行しました。 ...
  • あたり一面にはどこの漁村にも特有の、死んだ魚の匂いが漂っていた。 ...
  • 彼らからは何ともたとえようのないなつかしいにおいが漂い出していたのだ。 ...
  • 温泉の影響により河口付近までわずかに硫黄の匂いが漂うことがある。 ...
  • 夜の通りに、サイゴン河からのものだろうか、水の匂いが漂っていた。 ...
  • そばに寄ってみると、寝床のまわりには長兄の涙の匂いが漂っていた。 ...
  • この家の内部にも、古い線香のような匂いが漂っているみたいに感じられる。 ...
  • 時間はすっかり夕食時で、そこここの家からおかずのにおいが漂ってきている。 ...
  • 隣室から微かにコーヒーの匂いが漂ってきていることを、脳は知っている。 ...
  • それで気がつくと、隣りの部屋からかすかに線香のにおいが漂って来ている。 ...
  • そこへ向かう途中で、何かが焼けたような煙の匂いが漂っているのに気づいた。 ...
  • 火の消えたあとの商店の写真からは、焦げ臭い匂いが漂ってきそうだった。 ...
  • 次へ