勧善懲悪

全て 名詞
366 の例文 (0.01 秒)
  • 僕は曲亭馬琴きよくていばきんさへも彼の勧善懲悪くわんぜんちやうあく主義を信じてゐなかつたと思つてゐる。 ...
  • 日本では室町時代末期から江戸時代初期にかけて成立した勧善懲悪の話。 ...
  • また、勧善懲悪が多くの場面で成立していないというのも特徴である。 ...
  • 悪役は特に勧善懲悪などの要素を含む物語では必要不可欠の要素である。 ...
  • かくのごとく広意に解すれば勧善懲悪の資料に供するものは皆教育である。 ...
  • 単なる勧善懲悪な物語ではなく解決せずに終わった話も多い。 ...
  • 勧善懲悪の探偵物語なら、殺人ではない事件をテーマにしてもよさそうなのに。
  • その時僕は七歳だったが、勧善懲悪に終わらない物語を読むのは初めてだったのだ。 ...
  • 個人的な勧善懲悪だけでは事はすまされなくなったのである。 ...
  • それでは本来の勧善懲悪とは大幅に違ってしまうから如何にもすっきりとせぬ。 ...
  • 正義のロボット戦士たちが悪の侵略に立ち向かうという勧善懲悪もの。 ...
  • 勧善懲悪といふ公式から人間が現れてくる筈がない。 ...
  • これは勧善懲悪の強調によって大幅に変更した点であるが、この呂蒙の扱いが批判されることもあった。 ...
  • 日本では明治以前から勧善懲悪をテーマとした歌舞伎や講談の演目が存在していた。 ...
  • 勧善懲悪の思想は、あれはむなしい人間の願いに過ぎないのか。 ...
  • そしてもう一つのショックは「勧善懲悪で終わらない物語」の存在である。 ...
  • 勧善懲悪を目的とする写実派も、此目的を外れたらば何の勧懲もあらざるなり。 ...
  • 次へ