勤労奉仕

203 の用例 (0.00 秒)
  • 女学校時代は勤労奉仕ばかりで、勉強することはあまりなかったという。
  • 同志の勤労奉仕でやっておりますから維持費はそんなにかかりません。 東海林さだお『ショージ君のぐうたら旅行』より引用
  • あの鏡が丘には、わたしも勤労奉仕をした丈夫な壕がありますけどね。 真尾悦子『いくさ世を生きて ―沖縄戦の女たち』より引用
  • 一戸一人以上の勤労奉仕は、それでも、十一戸十五人といふ出動率を示した。 岸田国士『荒天吉日』より引用
  • また、関係諸団体から勤労奉仕の申し出が相次ぎ、積極的に受け入れた。
  • この村にはさらに建設計画への勤労奉仕や道路建設に従事することが義務づけられた。
  • 今回の命令は非常措置要綱に基づくもので、たんなる勤労奉仕ではない。 山田風太郎『戦中派虫けら日記』より引用
  • 勤労奉仕に来ていた生徒が全員死亡した学校も多かった。
  • また青少年に勤労奉仕を行わせていたこともあり、社会的な批判も高まった。
  • 球団名を産業軍に改称し、選手は工場で勤労奉仕をする傍ら試合を行った。
  • 勤労奉仕は出なくてすんだけど、大きなおなかして父や母と畑やってましたよ。 真尾悦子『いくさ世を生きて ―沖縄戦の女たち』より引用
  • 雪子姉さんはお国のためだからと、工場へ勤労奉仕に行っています。 平岩弓枝『旅路(下)』より引用
  • 小津のほうも教練と勤労奉仕とが週に二度はある毎日が続いた。 遠藤周作『口笛をふく時』より引用
  • 多くの住民は十分の一税を復活させる規定や勤労奉仕のような封建時代の義務に不満を抱いた。
  • 勤労奉仕の酬では、田の水に不自由をしないといふことだけではなかつたのである。 岸田国士『農村の文化について』より引用
  • 勤労奉仕に出てゐて一村全滅になつたところもあります。 原民喜『書簡』より引用
  • また第1次世界大戦中はバーモンドシーに病院で勤労奉仕活動をする若い女性の組織を設立している。
  • 僕は、本能的に、これから先もまた、勤労奉仕させられると感じた。 梶山季之『族譜・李朝残影』より引用
  • その後城館は勤労奉仕隊の施設に利用された。
  • 全国から青年団員を集め、彼らの勤労奉仕で明治神宮を造営することを提案し実行に移した。
  • 次へ »

勤労奉仕 の使われ方