勤労

全て 名詞
2,378 の用例 (0.02 秒)
  • 農民と都市の勤労者との間にも、同じような離間の方法がとられている。 宮本百合子『現実の必要』より引用
  • 私の孫の大学生は、英語の勉強のために勤労者の一人として働いている。 小林一三『アーニイ・パイルの前に立ちて』より引用
  • 生産が社会主義的にやられれば、勤労者に得だという事実を学んだのだ。 宮本百合子『五ヵ年計画とソヴェト同盟の文化的飛躍』より引用
  • これはむしろ宮内庁の上をいくような勤労者の最高峰ではないだろうか。 赤瀬川原平『ごちそう探検隊』より引用
  • 五月二日ソヴェトの勤労者達は全然無代でこれらの芝居を見るのである。 宮本百合子『インターナショナルとともに』より引用
  • この噂が伝わったとき、ソヴェト同盟の勤労大衆はみんな思わず笑った。 宮本百合子『五ヵ年計画とソヴェトの芸術』より引用
  • 小沢清は勤労者の生活をしながら小説をかくようになった青年である。 宮本百合子『小説と現実』より引用
  • 昔の離宮が今は勤労者のための愉快な公園博物館として開放されている。 宮本百合子『五ヵ年計画とソヴェト同盟の文化的飛躍』より引用
  • しかし、きょう勤労するすべての人に企業整備の大問題が迫っている。 宮本百合子『新しい文学の誕生』より引用
  • 中学二年の夏、勤労動員でどこかの小高い山の中で土木作業をしていた。 赤瀬川隼『人は道草を食って生きる』より引用
  • 現在、ソヴェト同盟に千三百六十八万四千人の勤労者が活動している。 宮本百合子『五ヵ年計画とソヴェト同盟の文化的飛躍』より引用
  • その結果として国民の勤労ぶりに対して強い非難が挙げられている。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • そういった状況下で、普通の勤労者も毎日苦痛に耐えている現状である。
  • 勤労意欲があるなら、たまに報告書とか提出するといいんじゃないのか? 田中ロミオ『人類は衰退しました 01』より引用
  • 勤労動員が始まったころ、彼女らはその食堂で出す食事をとったものだ。 北杜夫『楡家の人びと (下)』より引用
  • ヨーロッパ諸国の勤労大衆は、既にそれぞれ革命の経験をもっている。 宮本百合子『一九三二年の春』より引用
  • ヨオロッパには、人類の勤労が最良の指導を受け得る可能性が最も多い。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • ひと昔前の勤労者作家には、こういう腰のすわりがなかったと思います。 宮本百合子『一九四六年の文壇』より引用
  • ペコペコ頭を下げてどこまでも謙虚けんきょな姿勢をくずさない勤労少女であった。 谷川流『涼宮ハルヒの動揺』より引用
  • そしてこれはきっと勤労生活をしない娘にひどいのだと思います。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 次へ »

勤労 で始まる単語