勤める

全て 動詞
3,570 の用例 (0.01 秒)
  • そんなのどちらも出版社に勤める編集者だという証拠しょうこにはならないわよ。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第03巻』より引用
  • 私の父は自分の勤める会社のものを滑稽なほど大切にする人間であった。 向田邦子『無名仮名人名簿』より引用
  • 町なかの公園に道化方の出て勤める小屋があって、そこに妙な男がいた。 モルナール・フェレンツ『破落戸の昇天』より引用
  • 彼女はまたあのレストランに勤めるつもりだろうかと私は考えてみた。 ミラー/大久保康雄訳『南回帰線(上)』より引用
  • 近所のスーパーに勤める恭子もこの日から一週間の夏休みに入っていた。 森絵都『DIVE!! 上 (RubyMate変換)』より引用
  • すでに判任官になっていたが、なぜか裁判所に一生勤める気はなかった。 三浦綾子『塩狩峠』より引用
  • こうしたことの相手を勤めるのに適した若い女房が何人もいるのであった。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • あの中には広告のプロダクションに勤める三十すぎの男が出てくるね。 夏樹静子『紅い陽炎』より引用
  • デパートに勤める人やその関連業界の人々向けの新聞を発行していた。 椎名誠『新橋烏森口青春篇』より引用
  • 九月になってからの第一戦に、わたしが先発投手を勤めることになった。 山口瞳『草野球必勝法』より引用
  • 少しして、弟も神戸の会社に勤めることになり、同居することになった。 水木しげる『ねぼけ人生』より引用
  • その日のうちに話は決まり、玉順は次の月曜日から勤めることになった。 梶山季之『族譜・李朝残影』より引用
  • その先鋒を勤める益氏の隊の中に慶次郎の姿が見られたのではないか。 隆慶一郎『一夢庵風流記』より引用
  • 二年前に私の勤める出版社の社長が他界し、その息子が新社長に就任した。 阿刀田高『幻の舟』より引用
  • 夫の勤める会社が放火された事件の方は、どうやら片づきそうな気配だ。 奥田英朗『邪魔』より引用
  • 外の工場にたのんで、そちらへ勤めることにしてもらうなど言っている。 伊藤整『太平洋戦争日記(二)』より引用
  • 裁判所に勤める兄に説得された父親が、警察に通報したことだろうか。 柴田曜子『尾崎豊 夢のかたち』より引用
  • 取引会社のひとつに勤める彼女の話は前々から父に聞かされていたという。 藤堂志津子『ジョーカー』より引用
  • それにはなるべくは公卿くげの中でその役を勤めるがよいということであった。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 大使館に勤める父親の仕事の関係で少女時代の大半を日本国外で過ごす。
  • 次へ »