勝負

全て 名詞
13,205 の用例 (0.02 秒)
  • おそらく大きな勝負が終わった後、客がぞろっと移動してしまったのだ。 冲方丁『マルドゥック・スクランブル The Second Combustion 燃焼』より引用
  • ただその組織や方法が多少複雑であり、勝負があったりする違いはある。 小出楢重『めでたき風景』より引用
  • 仕事を通して考えても、今のあなたの年齢は勝負のときと言えるのです。 梅田みか『愛人の掟3』より引用
  • 勝負審判にもなれないのは、お前が誰からも相手にされていない証拠だ。 もりたなるお『金星 相撲小説集』より引用
  • 舞台下の少女たちにも、真の勝負に移ったことは伝わるものらしかった。 荻原規子『西の善き魔女2 秘密の花園』より引用
  • 稲刈りはおよそ二十日間が勝負だから、その三分の二は仕事にならない。 佐野良二『闇の力』より引用
  • 二日目の午後、三日目の午前中が勝負どころになるでしょうと、答えた。 坂口安吾『本困坊・呉清源十番碁観戦記』より引用
  • 考えた風を見せたということで、勝負は決まってしまったのかもしれない。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 勝負を争うのではなく、人間の名に於て科学を消化せんがためにである。 豊島与志雄『文学に於ける構想力』より引用
  • そうして、会社経営と勝負の世界とが異なるのはこの点にあると思う。 山口瞳『草野球必勝法』より引用
  • 本当に男は勝手なもので、どうやら勝負はまだつかないようでございます。 林真理子『本朝金瓶梅』より引用
  • 当然のこと、ボクとてすべてのプロレスを真剣勝負だとは思っていない。 大槻ケンヂ『のほほん人間革命』より引用
  • 単に古い洋風の家ってだけで、年代からいったら、うちといい勝負だわ。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • 勝負に勝った後のことは、言われてもほとんど頭に入ってこなかったのだ。 荻原規子『西の善き魔女2 秘密の花園』より引用
  • ずっとくちで勝負してきて、一転、死目にしていた一番奥のを出してきた。 阿佐田哲也『新麻雀放浪記』より引用
  • まったくこのような勝負には勝利を得なければよかったのですが。 ホメロス/呉茂一訳『オデュッセイア(上)』より引用
  • そうすれば、投手は、すくなくとも一球だけは王と勝負することになる。 山口瞳『草野球必勝法』より引用
  • そんなことを言って見ている三郎たちのそばで、また二人ふたりは勝負を争った。 島崎藤村『嵐』より引用
  • それでも時々表へ出ては勝負の札を眺める、さうだな何遍位見るだらう。 牧野信一『〔編輯余話〕』より引用
  • 悪だくみでおれっちたちと勝負して勝てると思ってるわけじゃないだろう? 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス07 ホワイト・オペラ』より引用
  • 次へ »

勝負 で始まる単語