勝る

全て 動詞
1,768 の用例 (0.02 秒)
  • どちらかというと、目の前に座った女への興味のほうがまさり始めている。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 一人の利益は多数の利益にまさる場合もあると、カークに教えられたこと。 ロッデンベリイ『スター・トレック6/未知の世界』より引用
  • 昔は、自分に勝る剣の使い手などいないのではないかとさえ思っていた。 水野良『ロードス島戦記 5 王たちの聖戦』より引用
  • 近年では輸送力に勝る他の種類のリフトが増え、その数は減少している。
  • その為、結果として活躍したのは機動力に勝る九二式重装甲車であった。
  • 読者のみなさんがそれを喜んでくれたら、これに勝る幸福しあわせはありません。 菊地秀行『魔界都市〈新宿〉』より引用
  • でも恐ろしさより真実を考察する興奮のほうが勝るので泣いてしまった。 姫野カオルコ『ほんとに「いい」と思ってる?』より引用
  • 兄弟にのみ挨拶すとも何の勝ることかある、異邦人も然するにあらずや。 太宰治『HUMAN LOST』より引用
  • あなたのお役に立てたという幸福に勝るものは何ひとつありません。 サド/澁澤龍彦訳『ソドム百二十日』より引用
  • あの魔犬にすらまさる呪力を、この少女は魔術まじゅつもなく発露はつろさせているのだ。 三田誠『レンタルマギカ 第01巻 魔法使い、貸します!』より引用
  • 表現者としての自分を確立するという点で、こいつに勝ることは不可能だ。 入間人間『電波女と青春男 第01巻』より引用
  • 数にまさり、力に勝る魔族たちの死の翼に、一人、また一人と倒れてゆく。 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 下巻』より引用
  • 数にまさり、力に勝る魔族たちの死の翼に、一人、また一人と倒れてゆく。 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 下巻』より引用
  • この半龍半人の若者は、行動力という点では八環に勝るとも劣らない。 山本弘/安田均/高井信『妖魔夜行 しかばね綺譚』より引用
  • 十五日にはそれにも勝る穏やかなお顔が見られたからでございます。 室生犀星『あじゃり』より引用
  • それが料理を作る者には、どんなほめ言葉にも勝る喜びなのでございます。 早見裕司『メイド刑事01』より引用
  • その到着時の喜びは、飛行機で向かうよりもはるかに勝るものとなるだろう。
  • 当時の日本で、そのような良質の毛布は金にも勝る値打ちがあったのだ。 ドウス昌代『東京ローズ』より引用
  • 平日の放送時間でも初めてニュースがスポーツニュースに勝るようになる。
  • 全力で疾駆する馬に勝るとも劣らぬ早さで少女は低く大地を駆けてくる。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第04巻』より引用
  • 次へ »