勝ちきれない競馬

17 の例文 (0.00 秒)
  • 年が明けても勝ちきれない競馬が続いたが、福永洋一が騎乗した菜の花賞で2勝目をあげる。 ...
  • その後しばらくは、でともに2着など勝ちきれない競馬が続いたが、3歳を迎えて初戦のアローワンス競走で2勝目を挙げた。 ...
  • ジャック・ル・マロワ賞でも5着、ムーラン・ド・ロンシャン賞でも3着とマイル路線では勝ちきれない競馬が続いた。 ...
  • 大井競馬場では転厩して4戦目に重賞の大井記念を制したものの、その後は重賞路線では勝ちきれない競馬が続く。 ...
  • 西下して京都競馬場のオープン特別すばるステークスを勝つが、その後しばらくは3着を四度記録するなど勝ちきれない競馬が続いた。
  • 移籍後は好走を繰り返していたものの、6歳を迎えるまでに8戦して2着3回、3着3回と勝ちきれない競馬を続けていた。 ...
  • デビュー戦は5着と健闘したがその後は勝ちきれない競馬が続き、初勝利は2004年の小倉競馬場の未勝利戦だった。 ...
  • 年が明け、条件戦を中心に使われたが2着3回など勝ちきれない競馬が続いたが11月に2着に7馬身差をつけて2勝目をあげ、連闘でエリザベス女王杯に挑戦もミヤマポピーから大きく離された9着に終わるが、自己条件に戻った次走は1番人気に応え4馬身差で勝利を挙げた。 ...
  • その後7着、4着と勝ちきれない競馬が続くも常総ステークスを戸崎を背に半馬身差で逃げ切り勝ち。 ...
  • その後もブリーダーズカップ・スプリントではロイエイチの3着、年末のシガーマイルハンデキャップではシャープアステカに5馬身半離されての2着と、勝ちきれない競馬で同年の競走を終えている。 ...
  • 安田記念からはそれまで主戦だった西浦騎手から岡部幸雄騎手に鞍上を替えるも2着、宝塚記念は3着と勝ちきれない競馬が続いた。 ...
  • 以後しばらくはA1特別では勝っても重賞では勝ちきれない競馬を重ねたが、2005年3月にローゼンホーマ記念を勝つと、続く福山桜花賞も勝って、全日本タマツバキ記念アラブ大賞典も連覇を果たし重賞3連勝を記録。 ...
  • 年明けから春にかけては、日経新春杯2着、マイラーズカップ3着、産経大阪杯3着と勝ちきれない競馬が続いた。 ...
  • 平場300万下条件戦、山吹賞を連勝し、4歳オープン馬となるが、オープンクラスでは3着、3着、2着と勝ちきれない競馬が続いた。 ...
  • 桜花賞3着、優駿牝馬5着、クイーンステークス3着、秋華賞2着と、僅差ながら勝ちきれない競馬が続き、この年は未勝利に終わっている。 ...
  • 以降もG1競走にのみ出走しウッドフォードリザーブ・ターフクラシックステークス2着、マンハッタンステークス4着、ユナイテッドネイションズステークス3着と勝ちきれない競馬を3戦続けたのち、アーリントンミリオンステークス、ジョーハーシュ・ターフクラシックステークスと2連勝。 ...