動植物種に指定

22 の用例 (0.00 秒)
  • このうち植物の7種が特定国内希少野生動植物種に指定されている。
  • 乱穫による減少が著しく、2002年に国内希少野生動植物種に指定され無許可での採集・販売などが禁止された。
  • 日本では1970年に種として国の天然記念物、1993年に全亜種が種の保存法施行に伴い国内希少野生動植物種に指定されている。
  • 日本では1970年に種として国の天然記念物、1993年に種の保存法施行に伴い国内希少野生動植物種に指定されている。
  • 日本では1970年に国の天然記念物、1993年に種の保存法施行に伴い国内希少野生動植物種に指定されている。
  • また、国内希少野生動植物種に指定された種は「保護増殖事業」の実施や「生息地等保護区」の指定により、種及び生育・生息地の保護対策が図られる。
  • 日本では1969年に種として国の天然記念物、2009年に種の保存法により国内希少野生動植物種に指定されている。
  • 種の保存法にて、国内希少野生動植物種に指定されている。
  • 特にマングースについては、沖縄本島南部から分布が北上するのと、ヤンバルクイナの分布の南限が北上するのがきわめてよく一致していることから、本種の減少の主要な原因であることが考えられている 日本では1982年に国指定の天然記念物、1993年に種の保存法施行に伴い国内希少野生動植物種に指定されている。
  • 日本では1977年に国の天然記念物、2004年に種の保存法により国内希少野生動植物種に指定されている。
  • これは国の天然記念物および国内希少野生動植物種に指定されているヨナクニカラスバトおよびキンバトの保全が目的である。
  • 日本では亜種オーストンオオアカゲラが1971年に国の天然記念物、1993年に種の保存法の施行により国内希少野生動植物種に指定されている。
  • 日本ではツシマヤマネコが1971年に国指定の天然記念物、1994年に種の保存法により国内希少野生動植物種に指定されている。
  • その後2008年8月15日からは特定国内希少野生動植物種に指定変更、現在は「都道府県知事等に届け出をおこない認可登録をうけた事業者が仲介し、なおかつ人工繁殖させた個体を取り扱う場合に限り」一般の栽培家を対象とした販売・引き取りなどが認められている。
  • また、日本の「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」による国内希少野生動植物種に指定されたことにより、自然状態で安定的に存続できる状態とすることを目標として、農林水産省、国土交通省および環境省による「シマカコソウ保護増殖事業計画」が策定されている。
  • 日本では1921年に国の天然記念物、1963年に特別天然記念物、2004年に種の保存法により国内希少野生動植物種に指定されている。
  • 分布が極めて局所的で、鳥類レッドリストの「絶滅危惧II類」及び国内希少野生動植物種に指定されている。
  • 沖縄の本土復帰に伴い、1972年5月15日に国指定の天然記念物に指定され、1977年3月15日に特別天然記念物、1994年に種の保存法により国内希少野生動植物種に指定されている。
  • また1972年には南硫黄島、2008年には南島の沈水カルスト地形が天然記念物に指定され、オガサワラオオコウモリなどの希少な動物類が天然記念物に指定され、天然記念物の指定を受けていない植物類も12種が、種の保存法に基づく国内希少野生動植物種に指定され、保護が図られるようになった。
  • 山にはスカシユリや、石灰岩地の武甲山特有で、埼玉県希少動植物種に指定されるチチブイワザクラが見られる。
  • 次へ »