動植物の種の国際取引

28 の用例 (0.00 秒)
  • こうした種は現在絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約などにより規制されている。
  • またオーストラリアは絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約の調印国でもある。
  • また、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約では、絶滅の危険がある生物の国際的な取引を規制している。
  • 同様に動物から得られる香料である麝香や龍涎香とは異なり、霊猫香は継続的な生産が可能であるため絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約などによる取引の規制はされていない。
  • 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約によるとこの内、売る事が出来るのは30トンである。
  • 下記に絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約の附属書に掲げられたクジラ目の種を示す。
  • 現在では、象牙などが工芸品に利用されているが、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約により取引が現在中止されている。
  • 現在は絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約によってタイマイの貿易が禁止されているが、業者の多くは禁止前に原料在庫を確保していたり端材を有効利用するなどで対応している。
  • 現在では野生ランの国際間移動は「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」で規制されている。
  • これに応じて、狩猟が行われる地域の法規や、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約が整備され、狩猟には一定の制限が加えられたり禁止されている場合がある。
  • 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約は、希少な野生動植物の国際的な取引を規制する条約である。
  • しかし近年は絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約などの動物保護条約に絡み、国際的に輸出入規制が強化されている関係から、安価な製品ではメーカーによっては規制の対象外である代用皮革を用いることがある。
  • 現在は、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約、通称ワシントン条約の規制の対象となる植物のリストに記載されており、輸出入には、輸出国の政府が発行する許可書が必要となる。
  • 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約やラムサール条約のように、特定の行為や特定の生息地のみを対象とするのではなく、野生生物保護の枠組みを広げ、地球上の生物の多様性を包括的に保全することが、この条約の目的である。
  • そのためジャコウジカは絶滅の危機に瀕し、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約によりジャコウの商業目的の国際取引は原則として禁止された。
  • また商品価値の高い木の乱伐や森林の減少に伴う生態系の破壊も問題となっており、例えば高級木材として知られるマホガニーは乱伐の結果大きく減少し、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約によって取引を制限されている。
  • そのため、印鑑が契約や公式書類では欠かせない日本においては、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約締結までは一番の輸入大国であった。
  • ビーバーが乱獲により著しく生息数が減少したため、一時期絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約により取引が禁止された。
  • 人気の高いブラキペルマ属など多くのタランチュラはペットトレードが原因と思われる乱獲により現地個体数が激減し、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約による商業取引の制限がされている。
  • なお、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約や種の保存法の国内希少野生動植物種で販売や譲渡や移動が禁止されているものが販売されていた例もあるので、注意を要する。
  • 次へ »