動植物の種の保存

17 の用例 (0.00 秒)
  • 日本では絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律がこれにあたる。
  • これにもとづき加盟国の国内法による規制措置が取られており、日本でも絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律が該当する。
  • 生息地等保護区とは、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律に基づき、国内希少野生動植物種の保存のためにそれらの種の生息・生育地を保護することが必要である場合に環境大臣が指定する保護区である。
  • なお、同じく貴重な動植物の保存を目的とした法制度として「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」があるが、こちらは環境省の所管で、対象となっている種類も異なっている。
  • 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存を図るために、減少した個体数を回復させ、または生息環境等を回復させるための取り組みとして、「保護増殖事業」が行われている。
  • 希少野生動植物種とは、日本の絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律に基づき指定される絶滅の危機にある野生生物である。
  • 日本の農林水産省や水産庁、環境省は、農林水産業や環境に係るものについて、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律第六条第二項第五号 に規定する保護増殖事業を行うこととなっている。
  • この法律は、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関して「希少野生動植物種」を定めている。
  • なお、日本においてはレッドリストやレッドデータブックに掲載された生物に対する法令等の規制はないが、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律における希少野生動植物種の指定や環境アセスメントなどの野生生物の保護・保全における基礎資料として用いられる。
  • 現在は動物愛護管理法の特定動物、鳥獣保護法の狩猟鳥獣、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律の国際希少野生動植物種とされている。
  • 「希少野生動植物種」は絶滅危惧種の保護を目的に、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律に基づき種指定される。
  • イリオモテボタルが1994年に新種として記載されると、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律に基づき、1994年から1997年の3年間、緊急指定種に指定された。
  • レッドデータブックに基づき、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律に基づく希少野生動植物の指定や絶滅危惧種の保全・保護方策の検討、環境アセスメントへの活用、一般市民への普及・啓発などが期待されている。
  • また、日本の「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」による国内希少野生動植物種に指定されたことにより、自然状態で安定的に存続できる状態とすることを目標として、農林水産省、国土交通省および環境省による「シマカコソウ保護増殖事業計画」が策定されている。
  • そして、2011年4月1日よりマルコガタノゲンゴロウ・フチトリゲンゴロウとともに日本の絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律に基づき国内希少野生動植物種指定を受け捕獲・採取や譲渡は原則禁止された。
  • そのため、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」にもとづき、1997年に「特定国内希少野生動植物種」に指定されるに至った。
  • 指定根拠は絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律第4条及び第5条であり、「国内希少野生動植物種」、「国際希少野生動植物種」、「緊急指定種」及び「特定国内希少野生動植物種」に分類される。