動植物の種

51 の用例 (0.00 秒)
  • 日本では絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律がこれにあたる。
  • こうした種は現在絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約などにより規制されている。
  • この五日いつか活動力くわつどうりよくによりて、動植物どうしよくぶつ種天地たねてんちあひだ現出げんしゆつした。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 03 20080623』より引用
  • 日本にしか分布しない動植物の種は、日本固有種という。
  • またオーストラリアは絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約の調印国でもある。
  • 動植物の種はこれまでに200万種以上識別されており、現存する種の実際の数は数百万から5000万以上あると見積もられている。
  • また、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約では、絶滅の危険がある生物の国際的な取引を規制している。
  • 同様に動物から得られる香料である麝香や龍涎香とは異なり、霊猫香は継続的な生産が可能であるため絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約などによる取引の規制はされていない。
  • 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約によるとこの内、売る事が出来るのは30トンである。
  • 下記に絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約の附属書に掲げられたクジラ目の種を示す。
  • 現在では、象牙などが工芸品に利用されているが、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約により取引が現在中止されている。
  • 現在は絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約によってタイマイの貿易が禁止されているが、業者の多くは禁止前に原料在庫を確保していたり端材を有効利用するなどで対応している。
  • 現在では野生ランの国際間移動は「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」で規制されている。
  • これにもとづき加盟国の国内法による規制措置が取られており、日本でも絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律が該当する。
  • これに応じて、狩猟が行われる地域の法規や、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約が整備され、狩猟には一定の制限が加えられたり禁止されている場合がある。
  • 生息地等保護区とは、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律に基づき、国内希少野生動植物種の保存のためにそれらの種の生息・生育地を保護することが必要である場合に環境大臣が指定する保護区である。
  • 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約は、希少な野生動植物の国際的な取引を規制する条約である。
  • しかし近年は絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約などの動物保護条約に絡み、国際的に輸出入規制が強化されている関係から、安価な製品ではメーカーによっては規制の対象外である代用皮革を用いることがある。
  • 現在は、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約、通称ワシントン条約の規制の対象となる植物のリストに記載されており、輸出入には、輸出国の政府が発行する許可書が必要となる。
  • 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約やラムサール条約のように、特定の行為や特定の生息地のみを対象とするのではなく、野生生物保護の枠組みを広げ、地球上の生物の多様性を包括的に保全することが、この条約の目的である。
  • 次へ »

動植物の種 の使われ方