動悸を抑え

29 の用例 (0.00 秒)
  • 反射的に電燈を消して、闇の中につッたちながら高まる胸の動悸どうきを抑えた。 中山義秀『碑・テニヤンの末日』より引用
  • シールシャは高鳴る動悸どうきおさえてジャックと話している男の顔を見つめた。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える2』より引用
  • 分かっているのに、私は胸の動悸どうきを抑えることができなかった。 白井信隆『飛剣術士 アグリー 非恋 (電撃hp09)』より引用
  • 雅子は早くなった動悸を抑えるために、両腕で自分の胸を押さえた。 桐野夏生『OUT(下)』より引用
  • とは強く言い切れないので、口をつぐんで動悸どうきを抑えることに徹した。 入間人間『電波女と青春男 第01巻』より引用
  • 彼は動悸どうきを抑え、顔色に出ないように苦労した。 松本清張『赤い氷河期』より引用
  • 必死で、激しい動悸を抑えつつ、呼吸を整えながら、僕は思考する。 西尾維新『偽物語(下)』より引用
  • 動悸どうきを抑えようと息を整えていた真鶴に背後から声がかかる。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 彼女は動悸どうきおさえながら、しばらくはただほろの下に、むなしい逡巡しゆんじゆんを重ねていた。 芥川龍之介『杜子春・南京の基督』より引用
  • 映美はわざと微苦笑を頬に作って、速くなってくる動悸どうきを抑えた。 綾辻行人『殺人方程式 切断された死体の問題』より引用
  • 石段が険しいせいではないだろうが、動悸を抑えていた。 小川国夫『逸民』より引用
  • 秀吉は、胸の動悸を抑えてふくの肩を抱いた。 茶屋二郎『遠く永い夢(上)-本能寺 信長謀殺の真実-』より引用
  • サーラは胸の動悸どうきを抑えながら、おそるおそる近づいていった。 山本弘『サーラの冒険 3 君を守りたい !』より引用
  • 登美も胸の動悸を抑えながら、仕方なしに続いた。 松本清張『かげろう絵図(下)』より引用
  • 土井は、胸の動悸どうきを抑えて、ようやく次の手紙をめくった。 松本清張『迷走地図(下)』より引用
  • 下唇したくちびるみしめて動悸どうきを抑えていると、うつぶせに寝ころんでテレビの漫才まんざいながめていたロックが、ふと首だけで振り返った。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第03巻』より引用
  • ガブリエルは胸の動悸どうきを抑えて待った。 バークレー『愛のサマーヴィル1 夢見た騎士』より引用
  • 動悸どうきを抑えるために、ひもで縛られている本の背表紙を凝視した。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~』より引用
  • カズオは動悸を抑えるため、無意識にポケットに手を入れ、鍵をぎゅっと握った。 桐野夏生『OUT(上)』より引用
  • 胸の動悸を抑えて、秋葉を睨んだまま、口を開けた。 奈須きのこ『月姫 日向の夢(琥珀・トゥルーエンド)』より引用
  • 次へ »