動悸を打ち

30 の用例 (0.00 秒)
  • 一体何時心臓が動悸を打たなくなるかと云ふ事は云ふ必要もないでせう。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • ぼくの心臓は、ある老学者と話しているときでさえ、動悸どうきを打っていた。 スタンダール/白井浩司訳『恋愛論』より引用
  • 心臓がはげしく動悸どうきを打っているのは、夢のなかで走ったからではない。 大野木寛『ラーゼフォン夢みる卵』より引用
  • それを聞いたとき、思い出したように心臓が激しく動悸を打ち始めた。 宮部みゆき『レベル7』より引用
  • 胸に動悸を打たせつゝ、お光はこんなことを考へて、耐まらなくなつた。 上司小剣『兵隊の宿』より引用
  • とたんに私の心臓は胸から飛びだしそうにドキドキと動悸どうきを打ち始めた。 森瑤子『別れ上手』より引用
  • ハリーの心臓は喉のあたりでいやな感じに動悸を打っていた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 03 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』より引用
  • これを聞くと自分の胸は非常な動悸どうきを打ち始めて容易に静まらぬ。 正岡子規『病』より引用
  • 手痛い打撃を受けた心臓が、抗議するように激しく動悸を打ち始める。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • 乗客たちの心臓もきっとその音が聞えるくらい高く動悸どうきを打っていたことだろう。 ディケンズ/本多顕彰訳『二都物語(上)』より引用
  • 彼の胸がどんなに激しく動悸を打っているか、だれにもわからなかったことだろう。 モーム/北川悌二訳『人間の絆(下)』より引用
  • 彼女の心臓が咽喉のあたりで動悸を打ち、敏感な両膝が鞍を締めつけた。 ムーア『暗黒神のくちづけ―処女戦士ジレル』より引用
  • 彼女の心臓は父親の眠りを妨げはしまいかと思うほど、激しく動悸を打っていた。 佐左木俊郎『恐怖城』より引用
  • あの信号を送った直後の恐怖が、まだ動悸どうきを打って、残っていた。 赤江瀑『八雲が殺した』より引用
  • と言ったとき、文四郎は突然に胸が高い動悸どうきを打つのを感じた。 藤沢周平『蝉しぐれ』より引用
  • 極度の興奮に、心臓は目に見え、耳にも聞こえるほどに動悸どうきを打っております。 エミリー・ブロンテ/田中西二郎訳『嵐が丘』より引用
  • 事実、その一瞬後に、私は心臓のあたりがかすかに動悸を打っているような気がしたのです。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(2)』より引用
  • 青白い皮膚の下で、心臓が音をたてて動悸どうきを打っているのも分る。 川又千秋『天界の狂戦士』より引用
  • 胸はしかし割れるかと思われるほどに動悸どうきを打っていた。 島木健作『癩』より引用
  • 彼女の心臓は恐ろしい激しさをもって動悸どうきを打っていた。 佐左木俊郎『恐怖城』より引用
  • 次へ »