動悸が早まり

15 の用例 (0.00 秒)
  • 女に抱かれているのだと風居は感じ、自らの動悸どうきが早まるのを自覚する。 藤咲淳一『攻殻機動隊 虚無回廊』より引用
  • 何より、日が残されていないという言葉の意味が解らず、動悸が早まる。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • 女は何も言わなかったが、私は動悸が早まるのを感じた。 イネス/池央耿訳『怒りの山』より引用
  • 伯爵は胸の動悸が早まるのを感じた。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(4)』より引用
  • ただ座っていただけなのに、動悸どうきが早まり息が苦しい。 喬林知『今日からマ王 第16巻 箱はマのつく水の底!』より引用
  • 動悸が早まり、眼の前が暗くなるのを感じながら、おれはやけくその力をふるって力一ぱいドアを開いた。 小松左京『夜が明けたら』より引用
  • 心なしか動悸が早まり、息が荒くなった気がする。 奈須きのこ『歌月十夜 51 狂月夜』より引用
  • ぴんと張り詰めた空気に不穏な気配が混ざり、征人は動悸どうきが早まるのを感じた。 福井晴敏『終戦のローレライ(上)』より引用
  • なにが出てきてもおかしくはなく、ぬめぬめとした皮膚、魂のない目玉が現実的な質感を帯びて頭の中をちらつき、征人は動悸が早まるのを自覚した。 福井晴敏『終戦のローレライ(上)』より引用
  • 微笑に固まった唇に、鋭い牙を蓄えたコヨーテの赤い口腔が重なったような気がして、ロランは動悸が早まるのを感じた。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • 幸長は、かすかに動悸が早まるのを感じた。 小松左京『日本沈没 b下巻』より引用
  • 小吉秀勝の片目を、秀次が突き潰してのけた日の愕きは、いま思い出しても胸の動悸が早まるほどだと、歎息まじりにともヽヽは述懐した。 杉本苑子『影の系譜 豊臣家崩壊』より引用
  • 胸の動悸が早まる。 奥田英朗『イン・ザ・プール』より引用
  • なぜか動悸が早まり、手のひらがじわりと汗ばんだ。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 01 ユニコーンの日(上)』より引用
  • 動悸が早まり、脇の下に汗が噴き出す。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 02 ユニコーンの日(下)』より引用