動員戡乱時期臨時条款

11 の用例 (0.00 秒)
  • それに伴う動員戡乱時期臨時条款の成立により、新党結成も解禁された。
  • 一方、動員戡乱時期臨時条款が台湾の政治体制に与えた影響は、今日も残っている。
  • このような状況は、動員戡乱時期臨時条款を理由に新規の政党結成を禁止していた台湾の中華民国政府の事例と類似している。
  • 動員戡乱時期臨時条款は、かつて中華民国憲法にその一部をなす「臨時」の修正条項として追加された規定である。
  • 中華民国政府は、1991年に動員戡乱時期臨時条款を廃止した際、中国共産党を反乱団体と規定することをやめ、中華人民共和国が中国大陸を統治しているという事実を認め、台湾・澎湖・金門・馬祖を自らの実効支配が及ぶ範囲とし、立場を変化させた。
  • 第1回国民大会第1次会議は憲法修正を目的とし、1948年4月18日に「動員戡乱時期臨時条款」を採択し、同年国民政府により憲法に優先する内容として公布・施行された。
  • 台湾では1947年2月28日に勃発した二・二八事件以降、蒋介石率いる台湾国民政府によって言論弾圧が強化され、1948年に動員戡乱時期臨時条款が施行されて、1949年に台湾に戒厳が布告された。
  • さらに、1991年年5月、国共内戦への総動員体制をしいた動員戡乱時期臨時条款を約43年ぶりに廃止し、台湾が一方的に共産党との内戦状態の終了を宣言する形となった。
  • 憲法増修条文以前に動員戡乱時期臨時条款が、中国国民党独裁を維持するため38年間も存続し、その改正も行われた。
  • 蒋介石の総統再選に法的根拠を付与するため、国民大会は起立投票方式で『動員戡乱時期臨時条款』の修正を成立させ、その第3条で動員戡乱時は正副総統は再任することができ、憲法第47条の制限を受けないと規定し、蒋介石三選の法的根拠が与えられた。
  • この選挙に際して起こった政争はそれまであいまいであった国民党主流派と非主流派との対立を表面化させ、選挙による信任を得た李登輝は、学生デモ「三月学運」の代表者と会見、動員戡乱時期臨時条款の廃止、野党勢力を含む広範な「国是会議」の招集などを約束し、「本土化」路線の推進姿勢を明確にした。