動員幹細胞

5 の用例 (0.00 秒)
  • 慢性GVHDのリスクの大きさも末梢血動員幹細胞>骨髄>臍帯血となる。
  • ただし、骨髄や末梢血動員幹細胞に比べると細胞数が少ないために幹細胞の生着不全のリスクがあること、造血の回復が遅いことが不利な点としてあげられている。
  • 細胞の若さでは、臍帯血>骨髄>末梢血動員幹細胞となる。
  • 問題点としては、臍帯血に含まれる造血幹細胞の数が骨髄や末梢血動員幹細胞に比べて少ないために、生着不全の確率が骨髄・末梢血動員幹細胞に比べて高いことや、造血の回復が遅いことがあげられる。
  • その後研究が進み、2012年現在、造血幹細胞のソースとしては骨髄の他に、末梢血動員幹細胞、臍帯血がある。

動員幹細胞 の使われ方