動員可能兵力

5 の用例 (0.00 秒)
  • また、蒋介石の南京国民政府は距離は離れているものの動員可能兵力は大きく、長期戦となれば敗北は必至であった。
  • 例えば、長宗我部氏の土佐一国9万8千石は実際の検地によるものではなく、同氏が動員可能兵力からの逆算と言われ、佐竹氏や島津氏などに対しては石田三成ら奉行が政治的必要から石高を操作していたことが知られている。
  • 天正期に作成された関東諸大名の動員兵力に関する資料によれば、北条氏の動員可能兵力が2万6千騎弱であったのに対して、里見氏のそれは3千騎に過ぎなかった。
  • 後年の豊臣秀吉の時代に行なわれた太閤検地では、周防・長門・石見半国といった旧大内氏領国を併せた石高は60万石から70万石とされており、ここから導き出される動員可能兵力はおおよそ2万強になる。
  • これはフィンランド軍の動員可能兵力の半数以上、戦車にいたっては全てであり、フィンランドはまさに死力を尽くしてカレリア地峡の防衛体制を整えた。