動員令を発し

22 の用例 (0.00 秒)
  • 第二の改革は、動員令を発した場合は兵役年齢に達したプロイセン人男性全員を徴兵する備えである。
  • そして7月1日、北伐宣言および国民革命軍動員令を発した。
  • クリーベルは10月にバイエルンの北部州境を守るよう動員令を発し、内戦に備えた。
  • 皇帝は大動員令を発した。 光瀬龍『所は何処、水師営 SF西郷隆盛と日露戦争』より引用
  • 翌日にはプロイセンも動員令を発した。
  • この勝利により、能登から加賀国の大半を支配下に置いて、対織田の優位を得た謙信は大動員令を発し、翌年3月に遠征を開始しようとした。
  • このように幕府が元軍の襲来によって動員令を発したことで、それまでの本所・領家一円地への介入を極力回避してきた幕府の方針は転換され、本所・領家一円地への幕府の影響力は増大した。
  • 信長は2月3日に武田勝頼による義昌の親族の殺害を知ると勝頼討伐を決定、動員令を発した。
  • 年も代わった一四五三年一月、スルタン・マホメッド二世は、トルコ領全土に公式の動員令を発した。 塩野七生『コンスタンティノープルの陥落』より引用
  • この時、直冬は四国にも動員令を発し、所領安堵や恩賞給与なども行なっている。
  • ロシヤ皇帝ニコライ二世は極東の各軍管区に対し動員令を発し、臨戦態勢に入るよう命じた。 光瀬龍『所は何処、水師営 SF西郷隆盛と日露戦争』より引用
  • その後も細川氏内部では抗争が続いたため、畿内進出の好機と見た義興は、前将軍・足利義尹の上洛を口実として九州・中国の諸大名に動員令を発した。
  • ブードゥー教の儀式により革命の開始が宣言され、ブードゥーの僧侶であるが動員令を発し、数時間のうちに北部のプランテーションは相次いで戦火に飲み込まれた。
  • 二二日朝には既に二三日決行は察知されオルグの動員も始まり報道陣も動き出したので予定を早めて午前一一時作業隊全員に動員令を発し二三日午前六時事務所に集結を命じ全労務者に徹底するよう手配を命じ午後八時最終の班長会議を開き各班の人員資材の手配完了を確認し配車を示図した。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • しかし、頼朝の目的は背後を脅かし続けていた奥州藤原氏の殲滅にあり、これまで義経を匿ってきた罪は反逆以上のものとして泰衡追討の宣旨を求めるとともに全国に動員令を発した。
  • また、11月に入ってもなお未だ執権・北条時宗の下に元軍の博多湾上陸および撤退の報が伝わっていなかったため、時宗は元軍の本州上陸に備えて中国・九州の守護に対して国中の地頭・御家人ならびに本所・領家一円の住人等を率いて、防御体制の構築を命じる動員令を発している。
  • ナポレオンは、十二日夜十時に第一報に接すると、夜半、動員令を発し、翌朝、四時には出動する。 加瀬俊一『ナポレオン その情熱的生涯』より引用
  • しかし、1791年8月22日に突然、ブードゥーの高僧デュティ・ブークマンが奴隷たちに動員令を発して大規模の奴隷蜂起が起こり国中が内戦状態となった。
  • 天正2年6月23日、信長は美濃から尾張国津島に移り三度目の長島攻めの為に大動員令を発し、織田領の全域から兵を集め、7月には陣容が固まり陸と海からの長島への侵攻作戦が開始された。
  • 天正5年12月18日、謙信は春日山城に帰還し、12月23日には次なる遠征に向けての大動員令を発した。
  • 次へ »