動員令

160 の用例 (0.00 秒)
  • 動員令が下ってから三週間あまりというものは何事なんにも手に着かなかった。 島崎藤村『新生』より引用
  • とにかくこんな状況だから軍はまだ搭乗員に動員令をかけていない。 中村正『元首の謀叛』より引用
  • 彼は国内の三十万の青年に動員令に対する準備を命じた。 横光利一『ナポレオンと田虫』より引用
  • しかし、動員令の発令は五将家が支配する廟議の賛同を得ねばならない。 佐藤大輔『皇国の守護者1 反逆の戦場』より引用
  • ところが動員令が出されたために、あなたはぼくを厄介払やっかいばらいできた。 ルブラン/大友徳明訳『オルヌカン城の謎』より引用
  • しかし二番館では「動員令が下つた」せいもあり、普通の成績だったという。 筒井康隆『不良少年の映画史 PART2』より引用
  • かくて言論界に於ても動員令が下されたと見ることが出来る。 戸坂潤『思想動員論』より引用
  • 五月九日、日本政府は名古屋の第三師団に動員令を下し、一万五千の兵士を青島に送った。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(上)』より引用
  • しかし東京に引揚げてから僅か二カ月目に、彼に動員令が下された。 柏原兵三『徳山道助の帰郷』より引用
  • 一旦動員令が下れば、早い時には一日、遅くとも三、四日のうちに出発する。 三浦綾子『銃口』より引用
  • ところが、ポーランドは英、仏の支援を頼みに逆に動員令をもって対抗した。 中川靖造『海軍技術研究所』より引用
  • 行く先々で動員令によって集められた兵が勝頼を待っていた。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用
  • これが、国家の動員令にかかれば、たかが十倍とか二十倍なのだ。 富野由悠季『機動戦士ガンダムⅡ』より引用
  • それは僕の留守るすの間に「動員令発せらる」という号外がうちにも来ていたからだった。 芥川竜之介『追憶』より引用
  • だが、一四五三年一月に発せられた動員令には、そのようなことはどこにも記されていなかった。 塩野七生『コンスタンティノープルの陥落』より引用
  • 私たちは今か今かと動員令を待ち受けています。 宮本百合子『キュリー夫人』より引用
  • 第一師団に動員令がくだったとき、歩兵第一連隊には猪熊の士官学校同期生が全部で八人いた。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • また予備兵たちへは、動員令が発せられたそうである。 海野十三『二、〇〇〇年戦争』より引用
  • 久慈から聞いたついに汎米連邦に動員令が出たとの飛報は、私を強く興奮させてしまった。 海野十三『地球要塞』より引用
  • これを聞いた信長は諸国に動員令を出し、5日に100人の兵を率いて河内若江城に入った。
  • 次へ »

動員令 の使われ方