動作

全て 名詞
20,679 の用例 (0.03 秒)
  • がその動作はかえって彼女に発射の決心を決めさせはすまいかと恐れた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 一定の刺激に反応してそれに相当する一定の動作を繰り返すだけである。 寺田寅彦『破片』より引用
  • 窓の外を見ていても、クルミさんには、その動作がよくわかるのである。 大阪圭吉『香水紳士』より引用
  • 心理学者の説によると、感情があとで動作がさきだということである。 寺田寅彦『チューインガム』より引用
  • で私の友人は、籔の後ろに隠れてその男の動作を見守っていたそうです。 豊島与志雄『轢死人』より引用
  • そうすれば人の動作にとって本質的な契機のみが残されてくることになる。 和辻哲郎『文楽座の人形芝居』より引用
  • 何度もこの動作を繰り返し、最後には柄に腰を乗せて豆乳を絞り切った。 山本一力『あかね空』より引用
  • すなわち生きて動く人がそれを顔につけて一定の動作をするがためなのである。 和辻哲郎『面とペルソナ』より引用
  • 草吉の存在を意識したばかりでも、苦痛のやうな動作をあらはす時があつた。 坂口安吾『蒼茫夢』より引用
  • 彼は三十前なのに大分老いさらした人のような身体つきや動作になっていた。 岡本かの子『金魚撩乱』より引用
  • それらの動作は普通の人には見られない素速さと狡猾さをもつてなされた。 田畑修一郎『南方』より引用
  • 怒った時には動作でそれを示しても、表情でそれを示すのは稀である。 上村松園『花筐と岩倉村』より引用
  • 足を踏み外さないようにと用心する動作は過去の記憶をよみがえらすのだった。 佐左木俊郎『汽笛』より引用
  • だがシノンの予想どおり、男は落ち着いた動作で大きく一歩右に動いた。 九里史生『SAO Web 03』より引用
  • 自然的な人の動作の内に知らず知らずに人形振りが浸み込んで来る。 和辻哲郎『文楽座の人形芝居』より引用
  • 葉子は心ひそかに何をしているんだろうと自分の動作しうちを怪しんでいた。 有島武郎『或る女』より引用
  • 初めの内、二人の動作は顕著でなく、二人の言葉も途絶え勝ちであった。 松永延造『ラ氏の笛』より引用
  • 最初の曲は単純な動作を繰り返すだけのもので、ぼくにもできそうだった。 佐野良二『闇の力』より引用
  • そうすれば一層動作に基く得意な映画的興味を強調することになるだろう。 戸坂潤『思想としての文学』より引用
  • さうすると、科白に伴ふ動作表情を主とする劇が、出来るはずであつた。 折口信夫『組踊り以前』より引用
  • 次へ »