動乱

全て 名詞
1,822 の用例 (0.02 秒)
  • これはアニメの二年目の終盤に動乱編を放送する予定だったためである。
  • 遠く九州から伝わってくるうわさは、大動乱の兆しを示すものばかりだった。 光瀬龍『所は何処、水師営 SF西郷隆盛と日露戦争』より引用
  • 動乱の世界では他人は信用できない、という感情が強いことも確かだ。 近藤紘一『戦火と混迷の日々』より引用
  • この動きは恐らく、より遠方での動乱が影響したものと考えられている。
  • ところが、朝鮮動乱のおかげでアメリカの機械が手に入らなくなった。 中川靖造『創造の人生 井深大』より引用
  • しばらく前、この地もアフリカ全土を吹きまわる動乱の嵐の中にあった。 北杜夫『怪盗ジバコ』より引用
  • 私は長い間の無益な動乱の後に始めていささかの安定を自分のうちに見出した。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用
  • だからわしは動乱が起って人間の新しい血の流れるところへ来て身を温める。 堀田善衞『広場の孤独』より引用
  • 現在の建物は大動乱期にポーランド軍に攻められた後に修復されたものである。
  • 筋や話をあてにせず、胸中の動揺動乱が導く筈のものをあとづけてみる。 堀田善衞『広場の孤独』より引用
  • 私は肯きながらも、この動乱の日に再会の約はむずかしいと思っていた。 壇一雄『リツ子 その愛・その死』より引用
  • また彼の青年時代のような全国的あるいは局地的な動乱もなかった。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • ハンガリー動乱時にソ連の侵攻に抵抗し、秘密裁判の結果処刑された。
  • 彼らは宇宙が動乱の時代にあることをはじめて知ったのである。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 03 家族の食卓』より引用
  • 動乱の期間中に合わせて約10万人が殺害されたと見られている。
  • 遠く故国を離れて来て図らず動乱の中に立った自分の旅の身に思い当った。 島崎藤村『新生』より引用
  • 第一次世界大戦後の動乱の時代に生き、夢を追い求める男達の生き様を描く。
  • 大動乱期、ロシア・ポーランド戦争ではポーランド軍に攻められ荒廃した。
  • 生没年は不明であるが、明治時代初期の動乱期に亡くなったと言われている。
  • やがて、朝鮮動乱が発生し、米軍が細菌兵器を使ったとの説が流れた。 星新一『あれこれ好奇心』より引用
  • 次へ »