勒填

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • 黄氏体を主調とするその初期の様式は、鉤勒填彩という細緻な輪郭線による区画に色を埋める画法であり、細密描写に重きを置くものであった。 ...
  • 五代の頃、後蜀では「鉤勒填彩」画法が宮廷画家黄筌の一族を中心として行われ、その画風は「黄氏体」と呼ばれた。 ...