勉学に勤しみ

20 の用例 (0.00 秒)
  • 今の私にとって、勉学に勤しむ以上に祖父に協力できることはあるはずもない。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編』より引用
  • 私は、今日、ここで学べる資格を得るために勉学に勤しんできました。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編』より引用
  • そこで介石は故郷に戻り自らの手で仏教天文学の研究を極めようと勉学に勤しんだ。
  • 現在は3万人を越える学生が同大学で勉学に勤しんでいる。
  • 高校では奨学金給付を受け、昼間は仕事、夜は勉学に勤しんだ。
  • 当時は天保の大飢饉の影響もあり、幼い頃から貧しい環境の中勉学に勤しみ、算術を得意とした。
  • そして、日々の労働や勉学にいそしむのである。 今邑彩『翼ある蛇(「蛇神」シリーズ第2巻)』より引用
  • 勉学に勤しむ事10数年、鄭玄は郷里に戻る事になった。
  • 余人は近寄れないほどの迫力をもって勉学にいそしむ僕に、あっさり近付いてきた火憐は、僕の頭の上に自分の胸を置いた。 西尾維新『暦物語』より引用
  • 平成21年より山手学院全体の校風である「自由」の事実上の象徴であった染髪を禁止し、より真剣に勉学に勤しむことのできる環境へ、より一層近づいた。
  • Lafietieはまだ高校生であり、現在は本業である勉学に勤しむため活動休止中となっている。
  • 一方で親友が遠く離れて勉学に勤しむ姿に触発され、自身も中等学校への進学を親族に頼み込み、承諾を得た。
  • 授業料は無料で、3ヶ月程度の期間で企業内研修があるほか、企業と学校が提携した実習訓練制度があり、給与をもらって研修しながら在学し勉学に勤しむことができる。
  • アグリはチヱとともに勉学に勤しみ、首席次席を分け合っていたと伝えられる。
  • 現在に残るものは、オリジナルの地図を見開き70葉にまとめたものムラービト朝治世下にあったアフリカ北部のセウタで生まれ、コルドバで勉学に勤しみ、アンダルスや北アフリカの各地を旅した 後にルッジェーロ2世統治時のシチリアに招かれた。
  • そこで、少年たちは宗教とアダットを学び、ティーンエージャーになると故郷を離れ、勉学に勤しむ、あるいは、社会的経験を積み、成人すると故郷へ戻り、少年時代に獲得した経験を共同体へ還元していく。
  • また、他のイラン周辺でよく知られた伝説では、ニザームルムルクと数学者のウマル・ハイヤーム、ハサン・サッバーフは若い時にニーシャープールにおいて偉大なる学者イマーム・ムワッファクのもとで互いに勉学に勤しんでいたというものがある。
  • また、メガネを着用し、読書や勉学に勤しむイラストも存在する。
  • 念威繰者の物差しにり回されておきながら、学力という物差しを振り回す自分の姿にフェリはみょう滑稽こっけいさを覚えながら、それでも日々徹夜てつやまでして勉学にいそしんだ。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス11 インパクト・ガールズ』より引用
  • 生家の鄭氏は、代々地元の学校の教師を職としており、慧林自身も、科挙の勉学に勤しんでいたが、明末清初の混乱期に遭遇したため、官途に望みが絶たれ、40歳にして、補山の万歳山に入り、祇園のもとで出家した。