勉学

全て 名詞
1,271 の用例 (0.01 秒)
  • しかし、本人は勉学への意思が強く、デビューはせずに卒業を目指した。
  • 冬の全期間と夏の大部分を自由にそっくり勉学に使うことができた。 ソロー/神原栄一訳『森の生活』より引用
  • 大学卒業後数年間、ヨーロッパ全域を旅行しながらさらに勉学を重ねた。
  • ところが、虎三郎はいつのころからか、英文の勉学もはじめているのだ。 松本健一『われに万古の心あり』より引用
  • そして勉学に夢中のあまり頭部が吹っ飛んでしまったのも気がつかない。 赤瀬川原平『じろじろ日記』より引用
  • 勉学のみではなく、全人教育を目指しており、多くの活動が行われている。
  • 教会の修道院は勉学と研究の場であり、のちに現代の大学の基礎となった。
  • 父を失った後も相続した所領から上がる収入を使って大学で勉学を続けた。
  • そういうやつらは勉学よりも酒を飲んで騒ぐほうに時間を費やしてるんだ。 エディングス『マロリオン物語07 メルセネの錬金術師』より引用
  • 母親は勉学よりは農業のほうが大切と考えていたらしいという。
  • それでも自分なりに勉学の方法を努力するべきだった、と、今は思う。 姫野カオルコ『ガラスの仮面の告白』より引用
  • 幼いころに父を亡くし、祖父や叔父の世話になりながら、勉学に励んだ。
  • 金太郎は幼少時より勉学を良くし、寺子屋で助教を務めるようになった。
  • 勉学が厳しいとは言え、学生は本にばかりかじりついていたわけでもなかった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 学費の一部は叔父から援助を受けるが、自らも特待生となり勉学に励む。
  • 勉学の方も、どうもやはりそういうお礼をいうことになりそうですね。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 言いかえると、勉学の意志のない者がここに入ってくるということであった。 立原正秋『冬の旅』より引用
  • 転じて、現代では勉学と運動の両面に秀でた人物に対しても用いられる。
  • 勉学に影響を及ぼさないように、活動は週3日までに制限されている。
  • 勉学に打ち込まなかった分の情熱を、全部ここに投入している感があった。 東海林さだお『ショージ君の青春記』より引用
  • 次へ »