勇士達

10 の用例 (0.00 秒)
  • これらの勇士達はこれからどこの国のどこの道の果てまで行くのであろうか。 寺田寅彦『札幌まで』より引用
  • 十勇士達の持つ固有の得意技を使いながら、各地のイベントを進めていく。
  • メネラス王はあちらの下の方で、軍人の中の 勇士達と凱旋の祝をしていられます。 森鴎外『ファウスト』より引用
  • この勇士達は、ラグナロクでの戦いに備えて、世の終わりまで武事に励むという。
  • 勇士達は女ッ気に飢えてゐる。 古川緑波『古川ロッパ昭和日記』より引用
  • ところでどうしてこれらの勇士達が忽然こつぜんここへ現われ出で土人に向かって攻撃を開始し、ホーキン氏親子の危い命を、間一髪に止めたかというに、それには次のような経路がある。 国枝史郎『加利福尼亜の宝島』より引用
  • 事態を重く見た帝は勇士達を集め、朱点童子の住む大江山へと討伐に向かわせるが、朱点童子に指一本触れることなく、ことごとく戦死した。
  • また兵士数=HPであるため、兵士数が0になるとその武将は戦闘不能となり、幸村と十勇士達の兵が全滅した場合、上田城に強制送還されるが、ペナルティなどは特に無い。
  • 四辺は既に片づけられ、此処に散華した勇士達の粗末な墓標が、まだ仮りの姿で立っているだけであるが、季節も丁度こんな頃ではなかったのか、澄み透る空気に、鮮かな匂いを見せた秋の日射し。 上村松園『中支遊記』より引用
  • 招いた宣光を慕い、続々と古葛籠つづらや破れ具足櫃を背負い勇士達の集まるのを聞いて、定綱は頼もしく思い、一日、これらの士を城に登らせて目通りをした。 五味康祐『十二人の剣豪』より引用