勇士小浜兵曹長

5 の用例 (0.00 秒)
  • 勇士小浜兵曹長は、残念にも怪人団のために頭をけられ、人事不省におちいりました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • われわれはいましばらくこのままに、塩田大尉や一彦少年や、それから今怪塔中におしこめられている帆村探偵や、それからまた例のふしぎな海辺に気をうしなっている勇士小浜兵曹長の活動を見まもることにいたしましょう。 海野十三『怪塔王』より引用
  • いつ、どんなときにも、おそろしいということをしらぬ勇士小浜兵曹長は、この白骨島に不時着このかた、ちょうど腕がなってしかたがないところでありましたので、怪塔王にいわれるままに、ロケットを分捕ぶんどってしまう決心をかため、階段をかけおりました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 部下をうしなったかなしみと、はげしい風力とにたえながら、わが勇士小浜兵曹長は満身の力をこめ、えいえいと綱をのぼってゆきます。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 勇士小浜兵曹長は、息つぐまもなく前後左右からくみついてくる怪人たちを、あるいは背負投でもって、機上にあおむけに叩きつけ、あるいはまた得意の腰投で投げとばし、荒れ獅子じしのようにあばれまわりました。 海野十三『怪塔王』より引用