勇士ブラヴィダ

8 の用例 (0.00 秒)
  • クラブのおえら方だの帽子狩りの連中だの、コストカルドの店に置かれた緑色の肘掛け椅子だの、勇士ブラヴィダ少佐の恐ろしい口ひげが、翼を広げたわしみたいに宙を舞うところだのが。 ドーデ/辻昶・庄司和子訳『タルタラン・ド・タラスコンの大冒険』より引用
  • ところが、数々の才能にめぐまれたり、二重づくりの筋肉をもっていたり、町の人気者だったり、おまけに、退役軍服支給部隊長、勇士ブラヴィダ少佐がそれはそれは高く買ってくれたりしていたというのに、タルタランはどうしても幸せな気分になれなかった。 ドーデ/辻昶・庄司和子訳『タルタラン・ド・タラスコンの大冒険』より引用
  • しかし、彼がいちばん格好よく見えるのは、ラドヴェーズ裁判長か退役軍服支給部隊長、勇士ブラヴィダ少佐の家での夕食会の席でだった。 ドーデ/辻昶・庄司和子訳『タルタラン・ド・タラスコンの大冒険』より引用
  • こんなわけだから、お天道さまの光がタラスコンの町を照らすと、ブラヴィダみたいな退役軍服支給部隊長が、勇士ブラヴィダ少佐に、かぶらがバオバブの木に、シャンハイに行きそこなった男が立派なシャンハイ帰りってことになったとしても、別に不思議はないだろう。 ドーデ/辻昶・庄司和子訳『タルタラン・ド・タラスコンの大冒険』より引用
  • 毛皮は、ていねいに荷造りして、タラスコンの勇士ブラヴィダ少佐あてに送った。 ドーデ/辻昶・庄司和子訳『タルタラン・ド・タラスコンの大冒険』より引用
  • そして、引きつったようなしぐさで、持っていた激針つき小銃を肩にひっかつぐと、退役軍服支給部隊長、勇士ブラヴィダ少佐のほうをふり向いて、雷みたいな大声でこう言った。 ドーデ/辻昶・庄司和子訳『タルタラン・ド・タラスコンの大冒険』より引用
  • あの勇士ブラヴィダ少佐の姿も見える。 ドーデ/辻昶・庄司和子訳『タルタラン・ド・タラスコンの大冒険』より引用
  • うしろにつづくのは退役軍服支給部隊長、勇士ブラヴィダ少佐、ラドヴェーズ裁判長、武器商コストカルド、帽子狩りの連中、それに手押し車が二台、最後にその他の人びと。 ドーデ/辻昶・庄司和子訳『タルタラン・ド・タラスコンの大冒険』より引用