勇士の歌

8 の用例 (0.00 秒)
  • 爆弾三勇士の歌は、爆弾三勇士をテーマにした軍歌である。
  • どうも「爆弾三勇士の歌」とはちぐはぐな感じである。 広瀬正『マイナス・ゼロ』より引用
  • 朝日は題名を「肉弾三勇士の歌」とし、長崎日日新聞で経済記者をしていた中野力の作品が選ばれた。
  • 毎日は題名を「爆弾三勇士の歌」とし、当時慶應義塾大学の教授をしていた与謝野鉄幹が詞を書いた。
  • 類似の歌として、大阪朝日新聞・東京朝日新聞が公募した「肉弾三勇士の歌」がある。
  • 与謝野鉄幹作詞、戸山学校軍楽隊作曲の「爆弾三勇士の歌」である。 広瀬正『マイナス・ゼロ』より引用
  • 彼らを題材に大阪毎日新聞・東京日日新聞や東京朝日新聞などがそれぞれ顕彰歌の歌詞を公募し、大阪毎日・東京日日が与謝野鉄幹作詞・辻順治作曲による「爆弾三勇士の歌」、東京朝日公募1席が中野力作詞・山田耕筰作曲、2席が渡部栄伍作詞・古賀政男作曲による「肉弾三勇士の歌」になった。
  • 俊夫は「爆弾三勇士の歌」にはげまされ、伊東屋、篠原靴店、鈴幸洋品店、明治製菓売店、松島メガネ店、大黒屋玩具店、カフェー・ナナ、アオキ靴鞄店と通りすぎた。 広瀬正『マイナス・ゼロ』より引用

勇士の歌 の使われ方