効能

全て 名詞
1,348 の用例 (0.01 秒)
  • そういう事を理解するだけでもその効能はなかなか大きいものであろう。 寺田寅彦『物理学実験の教授について』より引用
  • 生成水の効果効能は、登場当初はさまざまなものが謳われたようである。
  • 議会は1921年にビールの薬としての効能についての公聴会を開いた。
  • これらの 効能には個人差があり、必ずしも効果があるわけではない。
  • その効能を完全に果してしまうと、手紙は、もはやなんの用もなさない。 ルナール/窪田般彌訳『にんじん』より引用
  • ただし、喧伝されている効能の中に医学的には証明されたものはない。
  • 様々な商品が様々な効能があることを直接・間接に示唆しつつ販売された。
  • 核心エツセンスが分かればそれでよいのだと、効能を重んじる私は考えるのである。 谷沢永一『人間通と世間通 “古典の英知”は今も輝く』より引用
  • そのため、番付によっては温泉名の上に効能が記述されているものもある。
  • ある薬がある病気に効能があると推定されても、すぐには人間には使われない。 湯川秀樹『創造的人間』より引用
  • この薬草は当時まだその効能が知られていないものもあったという。
  • 前にサルバトーレ・ドニと決闘したときに判明した、思わぬ効能である。 丈月城『カンピオーネ! 02 魔王来臨』より引用
  • 近年では小山に鳥肌を立たせると言った、新しい効能も発見されている。
  • 雑誌・健康本の世界では、実証されていない様々な効果効能が標榜された。
  • 今日では温泉の効能書きに使われる程度で、ほとんど用いられない。
  • 手紙を書いてやったところでとうてい効能ききめはあるまいという気が続いて起った。 夏目漱石『明暗』より引用
  • イッカクの角は、鳥の心臓の血よりも痛風つうふうに効能があるといわれています。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅸ 対立の町<下>』より引用
  • 胃腸に対する効能が高いとして古くから飲泉としても利用されていた。
  • 科学的に解明されていない力であり、その効能には疑問の声がある。
  • 温泉分析書には、泉質に基づいた効能を記載するのが原則である。
  • 次へ »